【2022年版】インテリアプランナーの年収はいくら? 給料についてくわしく解説

インテリアプランナーの平均年収・給料の統計データ

インテリアプランナーの平均年収・月収・ボーナス

インテリアプランナーの給料は、一般的なサラリーマンとほとんど変わらない、ごく一般的な水準といえます。

ただし、「建築士」など他の国家資格を併せ持つことによって、携わることができる業務の幅を広げ、給料もアップさせることができます。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
設計(内装・インテリア)
(DODA)
439万円 男性:475万円
女性:379万円
20代: 356万円
30代 :459万円
40代 :540万円
50代〜:592万円
生涯賃金:2億2301万円

上記のデータより、インテリアコーディネーターの年収は300〜500万円の間であることがわかります。

インテリアプランナーの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

平均的なインテリアプランナーの年収を400万円、ボーナスを月給の2ヵ月分と想定すると、月給は約29万円、ボーナスは約57万円です。

そこから、税金などの諸経費を差し引いた手取り収入は、独身の場合で月々約23万円~24万円、ボーナスが約47万円ほどです。

日本人の平均年収が420万円と言われていることから考えると、平均的な年収といえるでしょう。

ただし、小規模な事務所や建築会社などでは、まったくボーナスが支給されなかったり、福利厚生が不十分なケースもありますので、給与体系は就職前によく確認しておきましょう。

インテリアプランナーの初任給はどれくらい?

インテリアプランナーの初任給は、大卒の場合で月給20万円~25万円、専門学校卒の場合で18万円~23万円くらいとされています。

専門学校卒で、正社員で就職した際には、初年度の年収は300万円程度となり、一般的なほかの職業とほぼ同じくらいの水準といえるでしょう。

ただし、就職先によって労働時間や下積み期間などに差があり、将来的には給料が大きくかわってくるため注意が必要です。

インテリアプランナーの福利厚生の特徴は?

勤務先よるところもありますが、社会保険や雇用保険、通勤手当、残業手当など、一般的な福利厚生は整えられていることがほとんどです。

また、インテリアプランナー資格や建築士資格など、資格試験の受験費や勉強にかかる費用を補助する制度をとりいれているところもあります。

その一方で、定時を超えて働いた残業代がすべて支払われなかったり、休日出勤手当が出なかったりする勤務先もあるようです。

インテリアプランナーの給料・年収の特徴

給料は徐々にアップ

インテリアプランナーは、ハウスメーカー、建築会社、設計・デザイン事務所などさまざまな場所で勤務しており、会社の規模や経営状況もまちまちであるため、平均年収は300万円~500万円と開きがあります。

基本的には、実務経験を積んでインテリアプランナーの資格取得をすることにより、資格手当が上乗せされることが多くなっています。

人気のあるインテリアプランナーで高給を稼いでいる人も少なくありません。

実績や実力が増していけば徐々に年収もアップするでしょう。

さらに会社の中で管理職になり、部下の育成やマネジメントにも携わるようになると大きく収入をアップさせることができます。

資格手当はどのくらい?

インテリアプランナーや建築士の資格を持っていると、特別手当や専門職手当が支給されることが多いです。

資格を持っているだけで月額5,000円~20,000円程度が上乗せされるため、資格取得を目指す人は多いです。

インテリアプランナーの正社員以外の給料・年収

インテリアプランナーをはじめ、建築・インテリア業界で働く人たちは、独立してフリーランスで働いたり、自分の事務所を経営したりするケースも非常に多いです。

独立することで、お客さまや設計事務所などと直接契約ができ、報酬額を自分で決められるようになるため、高収入を目指すことが可能です。

事業が軌道にのれば会社員の平均年収以上を稼ぐこともできますが、最初の数年間は顧客の取得に手を焼く人が多いようです。

1つの案件で多額の金銭が動く建築業界は、浮き沈みが激しい世界といわれており、独立して成功するためには、それまでに地道に信頼を積み上げておく必要があります。

もちろん知識や技術面についても人一倍の努力と実力が必要だといえ、勤務経験10年が一定の目安といわれています。

インテリアプランナーが収入を上げるためには?

インテリアプランナーは、決して高収入な仕事だとはいえませんが、徐々に給料をアップさせていくことは可能です。

インテリア業界では、5年で一人前、10年で管理職などの責任あるポジションになるといわれています。

キャリアを積むことで給料は徐々に上がっていきますし、資格を取得すればさらに給料をアップさせる道もあります。

とくに多いのが、建築士の資格をとるケースです。

建築士の平均年収は、大手ゼネコンで500万円~800万円程度、中小の設計事務所に勤務する場合は平均年収400万円~600万円程度といわれています。

建物の設計から内装まで深い専門知識を有し、企画・設計・現場監理などまでしっかりと担当できるようになれば、大幅な収入アップも期待できます。

建築士の仕事