このサイトは環境コンサルタントを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「環境コンサルタント」

仕事内容
環境コンサルタントとは、企業や官公庁、その他の各種団体に対して、環境保全の専門家として問題解決のための提案やアドバイスをする仕事です。いまや環境問題は世界的な重要テーマであり、どのような業種の企業も、環境に配慮した事業やサービス展開を行うことが求められています。専門分野は、大きく「CSR系」「建設系」「環境アセスメント系」などに分かれますが、いずれの場合でも、環境コンサルタントはクライアントが抱えている問題や課題を見つけ出して分析し、データを集めて調査や解析を行いながら、より良い方向に導くための企画立案や制度設計を行っていきます。
なるには
環境コンサルタントは専門的な仕事内容ではありますが、なるために決まりきったルートはなく、さまざまな道筋をたどって環境コンサルタントとして活躍している人がいます。一般的には、大学などで環境学や生物学を学び、その後、環境問題を扱う調査会社やコンサルティング会社、研究機関などへ就職する人が多いといわれています。資格がなくても働ける仕事ではありますが、「環境計量士」「港湾海洋調査士」「環境アセスメント士」「公害防止管理者」などの資格を取得すると、携われる業務の幅が広がります。
給料
環境コンサルタントの年収は、350万円~1000万円くらいまで、人によってだいぶバラつきがあるようです。コンサルタントの一種として、個人の能力や経験によって給料には差が出やすく、能力がある人は高く評価されますが、そうでない人は給料がさほど上がらないというケースもよく見られます。継続的によい実績を積み上げていけば大きな収入アップが期待できます。また、論理的思考力や企画力、プレゼン能力なども求められる仕事であるため、環境分野の専門的な知識はもちろん、ビジネスパーソンとしての経験が豊かで、スキルがあるとみなされると評価されやすいようです。
将来性
「環境」や「エコ」といった言葉が一般的に使われるようになり、環境系のビジネスを手掛ける企業が増えているようです。この20年ほどでも、環境に関わる新しい法律がいくつも誕生しており、それにともなって新しい環境系ビジネスが生まれています。民間企業で働く人は多いですが、それ以外に地方自治体や環境省などの行政機関で環境保全に貢献する仕事をする人もいますし、NPOやNGOなどの団体での活動、さらに海外を舞台に活躍することも可能です。環境問題が多様化するなか、環境コンサルタントに求められる役割はますます広がりを見せているといえるでしょう。