インテリアコーディネーターの求人・就職状況・就職先選びのポイント

インテリアコーディネーターは、住宅メーカーやリフォーム会社、デザイン事務所などで必要とされる職業です。

本記事では、インテリアコーディネーターの就職先や求人の状況、志望動機や就職先の探し方などを紹介します。

インテリアコーディネーターの就職先にはどんなところがある?

インテリアコーディネーターは、さまざまな企業で内装の専門家として勤務しています

インテリアコーディネーターのおもな勤務先
  • 住宅メーカー
  • リフォーム専門会社
  • 家具販売店
  • 設計・デザイン事務所
  • デパート
  • インテリアショップ
  • ホームセンター

メーカーや販売店で働く場合には、基本的には自社製品の組み合わせを提案します。デパートなどさまざまなメーカーの製品を扱う店舗で働くことも可能です。

住宅・インテリア業界以外にも、アート関連企業やマスコミなどで空間プロデュースができる人材が求められることもあります。

インテリアコーディネーターの勤務先と仕事内容の違い

インテリアコーディネーターの求人の状況

インテリアに関心を持つ人の増加

昔は、日本の家具や照明などは決まったいくつかの種類の中から選ぶのが当たり前でした。

しかし、現在はデザインやカラー、価格帯など、数えきれないほどさまざまなインテリアが登場しています。

消費者の選択肢が広がったのは素晴らしいことです。一方で、膨大な商品のなかから自分に合ったインテリアを探すのは大変なことです。

もちろん、インテリアに関心を寄せる消費者も増加傾向にあります。

そこで、インテリアコーディネーターの需要が高まってきているのです。

お客さまがどんな生活空間を理想としているのか、自らの専門知識とセンスをフル回転させて、お客さまに満足していただける空間をつくり上げます。

求人はある

インテリアコーディネーターになるのは難しいという声がよく聞かれますが、決して求人の数自体が少ないということはありません

建築事務所や不動産会社をはじめとして、ショールームやモデルルームなど、場所を選ばなければさまざまな企業がインテリアコーディネーターを募集しています。

研修の制度が整っている企業は未経験者も歓迎しますが、インテリアコーディネーター資格取得者を優遇する場合が多いようです。

一方で、実務経験を必要とする求人も多く見られます。

単純に実務経験を積むのであれば、まずはアルバイトや派遣社員として、業界に飛び込み、そこから経験を積んで正社員登用を目指すのもひとつの手です。

インテリアコーディネーターの就職先の選び方

インテリアコーディネーターとして就職先を選ぶ際は、自分がどのようなインテリアを手掛けたいかを考えることが大切です。

インテリアコーディネーターの就職先にはさまざまありますが、個人住宅を手掛ける企業、公共施設を手掛ける企業、商業施設を手掛ける企業などそれぞれに特色があります。

また、企業によって得意とするインテリアのカラーも異なり、シンプルな内装を好むところから、奇抜でアーティスティックな内装を好むところもあります。

自分の個性や強みを考えたうえで、どのような企業で生かしていきたいのかを考えましょう。

インテリアコーディネーターの志望動機・面接

インテリアコーディネーターを目指す人は、インテリアが大好きという人が多いようです。

家具店やインテリアショップ巡りが趣味だったり、自分の部屋を模様替えすることが好きだったりするような人が、インテリアを仕事にしたいと考えてインテリアコーディネーターになるケースです。

また、絵画など美術作品に興味があり、創造力や美的センスを生かせる仕事という観点から、インテリアの道へ進む人もいます。

インテリアコーディネーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

インテリアコーディネーターが就職先を探す際は、転職サイトや各企業の公式サイトを利用することが多いようです。

小さな設計事務所やデザイン事務所の場合は大々的に求人をかけず、ホームページやSNSのみでインテリアコーディネーターを募集している場合もあるので、志望する企業の公式サイトはこまめにチェックしておくとよいでしょう。

インテリアコーディネーターの就職先選びのポイントのまとめ

インテリアコーディネーターは、住宅関連業界のほか、デパートやアート関連企業、マスコミなどでも活躍しています。

その需要が高まる背景には、家具や照明の選択肢が選びきれないほど広がったことや、インテリアに関心を寄せる消費者の増加が挙げられます。

インテリアコーディネーターの求人は少なくありませんが、資格や実務経験を求められる場合も多いです。経験を積みたい人は、まずはアルバイトから始めて正社員登用を目指すのもひとつの手です。

まずは自分がどのようなインテリアを手掛けたいかを明確にし、その方向性に合う求人を転職サイトや各企業の公式サイトを利用して探しましょう。