「インテリアデザイナー」とは

インテリアデザイナー_画像

家具、カーテン、照明など内装全般の企画・設計を行い、あらゆる空間を魅力的に演出する。

インテリアデザイナーは、家具やカーテン、照明といった内装全般の企画・設計に関わる仕事です。

個人宅のみならず、オフィスや店舗、ホテル、美術館、学校など、ありとあらゆる空間をトータルで監修し、演出します。

デザイン事務所、設計事務所、ハウスメーカー、家具メーカーなど活躍の場はさまざまありますが、実力をつけると独立し、大きな成功を収める人もいます。

最近の建築業界ではとりわけリフォームやリノベーションの需要が伸びており、施主から直接オーダーを受け、個人住居デザインを担当するフリーランスのデザイナーの活躍も目立ち始めているため、頑張り次第では多方面にチャンスが広がっていくといえるでしょう。

「インテリアデザイナー」の仕事紹介

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアを含む内装を総合的に企画・設計する

インテリアデザイナーは、家具やカーテン、照明、什器などをデザインすると共に、内装全体の企画・設計を総合的にプロデュースする仕事です。

依頼者の要望を基に、デザインコンセプトに沿って、全体の色味、造作、トーン、灯り、音、温度までトータルで監修し、室内を演出します。

取り扱う案件は幅広く、個人宅のみならず、オフィスや店舗、ホテル、美術館、学校など、ありとあらゆる空間を手掛けます。

似た職種としてインテリアコーディネーターがありますが、コーディネートする(全体を調和させる)だけでなく、案件ごとの企画や設計にも携わる点がインテリアコーディネーターとの違いです。

このため、インテリアデザイナーには、デザインについての知識だけでなく、建築に関する知識が求められるケースも多々あり、建築士の資格を取得している人もいます。

インテリアデザイナーの就職先・活躍の場

就職先によって異なる特徴がある

インテリアデザイナーの就職先としては、インテリアデザインを専門に手掛けるデザイン事務所と、ハウスメーカーや設計事務所といった建築業界に属する企業の2種に大別できます。

デザイン事務所のほうが企業規模としては小さくなりますが、そのぶん仕事の自由度は高くなり、建築業界ではその逆の特徴を持つ企業が多くなるでしょう。

また、十分に実績と経験を積んだ後には、フリーランスとして独立することも可能で、自身のデザイン事務所を開く人もいます。

インテリアデザイナーの1日

時期によってさまざまな種類の仕事をこなす

インテリアデザイナーは、案件の進捗状況に応じて、事務所でのデスクワークや、現場での実務作業など、幅広い業務をこなす必要性があります。

スケジュールが差し迫ってくると、夜遅くまで働かないといけないケースも少なくないようです。

9:00 出社
メールチェック、案件ごとの打ち合わせなどを行います。

10:00 資料作成
担当案件のレイアウト図面やCGを作成します。

12:00 休憩

13:00 プレゼン
クライアントにコンセプトやデザイン内容を説明します。

15:00 業者打ち合わせ
内装業者と、発注する資材について協議します。

17:00 現場作業
現場で職人と共に作業を行います。

19:00 直帰

インテリアデザイナーになるには

年齢制限はないが、求められる能力は多い

インテリアデザイナーになるには、美大やインテリア関連の専門学校を卒業した後、企業へ就職することが一般的なルートです。

他の職種よりも年齢的な制限が緩いため、インテリアに関心の強い女性などが、一度社会に出た後にインテリアデザイナーとなるケースもあります。

実際の現場では、インテリアに関する知識だけでなく、美的感覚やセンス、関係者とのやりとりを円滑に進めるための調整力といった、多様なスキルが必要とされるでしょう。

インテリアデザイナーの学校・学費

インテリアデザインに特化した学校もある

インテリアデザイナーとなるために必須となる学歴があるわけではありませんが、活躍している人の多くはデザイン系の専門学校か、美術大学でデザインなどについて学んだ経験がある人のようです。

近年では、専門学校でも美大でも、インテリアデザインや空間デザインに特化した学科を設置しているところが増えていますので、インテリアデザイナーに必要な知識を専門的に学ぶことも可能です。

また、建築についての知識を深めたい場合は、美大の建築科や、製図専門学校に通うという選択肢もあります。

インテリアデザイナーの資格・試験の難易度

必須資格はないが、関連資格は多数ある

インテリアデザイナーとして働くために絶対に必要となる資格はありませんが、知識やスキルを習得するため、あるいは自身の能力を客観的に証明するため、資格取得を目指す人は大勢います。

関係する資格は複数あり、名前そのものの「インテリアデザイナー」や、業務内容が近似する「インテリアコーディネーター」、「インテリア設計士」などが挙げられます。

また、難易度は高くなりますが、国家資格となる「建築士」の資格を持っていると、より企画や設計段階に深く携わることができるでしょう。

インテリアデザイナーの給料・年収

勤める場合は平均的サラリーマンと同じ

デザイン事務所やハウスメーカーに勤めるインテリアデザイナーの給料は、一般的なサラリーマンとあまり変わりません。

初任給は18万~25万円程度、年収は30代で300万~400万円程度が相場となっています。

ただし、この仕事は実力次第で独立することも可能であり、自分の事務所を開業して成功すれば、より高額な収入を得ることも可能です。

独立した場合はクライアントありきの仕事となるため、いかに質の高い仕事をして信頼を得られるかが、収入アップのカギを握ります。

インテリアデザイナーのやりがい、楽しさ

プロジェクトを完成させたときの達成感

インテリアデザイナーは個々の案件についてごく初期の段階から携わるため、企画スタートから完成に至るまでは、短くても数か月、長いときは数年に及ぶこともあります。

さまざまな過程で苦労もありますが、無事に仕事を完遂し、内覧日や引き渡し日を迎えられた瞬間には、大きなやりがいと喜びを感じられるでしょう。

また、ひとつの案件には、クライアントをはじめとして、建築士や大工、現場監督、内装業者など、多くの人が関わりますので、仕事を通じて得られた仲間との絆はかけがえのない財産となります。

インテリアデザイナーのつらいこと、大変なこと

肉体的なきつさもある

インテリアデザイナーは華やかな仕事というイメージもありますが、実際には肉体労働も多く、作業着を着て現場で大工仕事をしたり、資材調達に走り回ることもよくあります。

納期が迫ってくれば、朝から晩まで作業に追われることもあり、業者の手配や装飾品の制作作業をしているうちに終電を逃し、現場に泊まり込みになることも珍しくありません。

肉体作業、汚れ作業が多いため、打ち合わせ時以外は日常的にラフな格好をしているインテリアデザイナーも多いようです。

インテリアデザイナーに向いている人・適性

ある程度建築についての知識がある人

インテリアデザイナーの適性があるのは、もちろん卓抜したデザインセンスのある人ですが、それと同じくらい、建築に関して詳しいということも重要です。

現場では、建築士が作成した図面を正確に読み取ることが必要になりますし、場合によってはインテリアデザイナー自ら、設計図やパース、模型、CGなどで資料を作成する機会もあります。

パースや構造学、力学についての知識がある人は、インテリアデザイナーとして活躍できる素養があるでしょう。

インテリアデザイナー志望動機・目指すきっかけ

とにかくインテリアが好きという人が多い

インテリアデザイナーを目指すのは、やはりインテリア好きが高じて、という人が非常に多い印象です。

ただ、目指す時期はさまざまで、学生時代にデザインについて専門的に学び、インテリアデザイナーを目指す人もいれば、社会人となって一人暮らしをする中でインテリアに興味を持つ人もいます。

また、建築系の仕事や設計士をしていた人が、より自身のセンスが反映されやすい仕事をしたいとインテリアデザイナーに転職するケースも少なくないようです。

インテリアデザイナーの雇用形態・働き方

独立志向の強い人にもチャンスが

インテリアデザイナーは、企業や事務所単位で、一般住宅系や飲食店系、大型施設系など、ある程度得意とする分野が定まっているという特徴があります。

このため、ひとつの分野を突き詰める働き方もあれば、転職するなどして複数の分野をまたぐという働き方を選択する人もいます。

また、ある程度のキャリアを積んで業界から認められてきたら、会社を辞めて独立し、フリーランスとなって個人で仕事を請け負ったり、事務所を開業する人も珍しくありません。

業界全体で熟練したプロフェッショナルが不足していることもあって、独立する動きは盛んなようです。

インテリアデザイナーの勤務時間・休日・生活

勤務時間は長くなるところが多い

インテリアデザイナーの勤務時間は企業や雇用形態によって大きく差がありますが、一般的に残業時間は長くなる傾向が強く、定時で帰宅できることは稀なようです。

ハウスメーカーなどでは勤務時間が固定化されていますが、個々に案件を担当しているデザイン事務所ならばフレックスタイム制が導入されているなど、自由が効くところもあります。

またフリーランスの場合はより自由になりますが、案件の進捗状況によっては早朝から深夜まで作業に追われるケースもあり、時間に余裕のあることは少ないかもしれません。

インテリアデザイナーの求人・就職状況・需要

ハウスメーカーからの需要が多い

インテリアデザイナーの就職先は多数ありますが、1番求人数が多いのはハウスメーカーです。

ハウスメーカーは単純に企業数が多いこともありますが、機能性やデザインなど、自社にしかない「ウリ」を構築するため、専門知識とセンスのあるインテリアデザイナーを求めるようです。

次いで多いのがデザイン事務所ですが、少人数のところが一般的で、定期的な採用を実施していないところが多いため、採用情報はこまめにチェックする必要があります。

その他、大規模なレストランチェーンや、建築事務所などからも需要があります。

インテリアデザイナーの転職状況・未経験採用

年齢とキャリアで制限がかかる

インテリアデザイナーが一人前となるためには最低でも10年が必要といわれていますので、未経験者の場合は30歳以下であることがひとつの目安となるでしょう。

実務経験者の場合は、3年から5年程度のキャリアがあれば、30代でも就職のチャンスがあります。

ただ、面接にあたっては、実務経験の有無にかかわらず、これまで自身が作成してきたものの提出を求められるケースが大半です。

学生時代に制作した課題や、前職で手掛けた案件の資料などをきちんと取りまとめておきましょう。

インテリアデザイナーの現状と将来性・今後の見通し

対象顧客は法人から個人へ拡大していく

インテリアデザイナーが活躍する建築業界において需要が高まりつつあるのが、リフォームとリノベーションの分野です。

ユーザー(消費者)の感性やセンスが高まりつつある昨今、商業施設のみならず、個人の住宅でもプロによる高いセンスを求める人が増えてきています。

施主から直接オーダーを受け、個人住居デザインを担当するフリーランスのデザイナーの活躍も目立ち始めているため、頑張り次第では多方面にチャンスが広がっていくといえるでしょう。