このサイトは管工事施工管理技士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「管工事施工管理技士」

仕事内容
管工事施工管理技士は、国家資格である「施工管理技士」の一種で、冷暖房や空調、給排水、ダクト、浄化槽設備、ガス管といった各種管工事の施工計画や安全管理、工程管理、品質管理などに携わる仕事です。住居をはじめ、オフィスビル、商業施設、駅、ホテルなど、あらゆる建物において管工事は切っても切り離すことはできず、現場の責任者として活躍できる管工事施工管理技士の需要も大きなものとなっています。
なるには
管工事施工管理技士になるには、全国建築研修センターが実施する管工事施工管理技士試験を受験して合格する必要があります。この資格は「1級」と「2級」がありますが、どちらも受験資格を得るためには一定の学歴や、管工事に関連する実務経験が求められます。指定学科を卒業することで実務経験の必要年数が少なくなることから、土木、建築、機械、電気関連の学校を出て、建設会社や施工管理会社、配管工事会社などへ就職する人が多いとされています。
給料
管工事施工管理技士の給料は、新人の技術者や資格を持っていない一般の技術者よりも高く設定されていることがほとんどです。個人のスキルや経験によっても変わってきますが、年収400万円~500万円程度がボリュームゾーンとされています。資格手当が支給される会社も多く、さらに現場手当や技能手当といった各種手当がつくと、同年代で他職種に就いている人よりも高額な年収になる人もいるようです。とくに1級の資格まで持っている人は給与面でも優遇されることがあります。
将来性
管工事に携わるうえで資格取得は必須ではありませんが、キャリアップを目指すのであれば、施工管理ができるようになる管工事施工管理技士の資格を目指すのは自然な流れともいえるでしょう。1級を取得すれば特定建設業の専任技術者や、大規模工事の監督・指導が行える監理技術者としての役割を務めることができ、多くの企業で重宝される存在になるでしょう。建設業界では技術者の高齢化が進んでいるため、できるだけ若いうちに資格を取得することで、活躍のチャンスはより増えていくでしょう。