このサイトは潜水士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「潜水士」

仕事内容
潜水士は、海や河川、湖、下水、ダムといった水の中に長時間潜り、潜水器を用いて送気やボンベからの給気を受けながら、さまざまな作業を行う仕事です。潜水士が行う作業内容は、海難救助のほか、魚介類の採取、水中での土木建築、船舶の修理、沈没船の引き上げ、海洋調査、スキューバなどのダイビング指導など、多岐にわたります。水中は環境条件が陸上とは異なるため、安全に作業を進めるためには特別な技能が求められます。
なるには
潜水士は、潜水業務を行う民間企業に所属するほか、大学や研究所に所属して海洋調査を行ったり、海上自衛隊や警察といった公的な組織に所属して公務員として活躍する潜水士もいます。まずは各組織が行う採用試験に合格することが第一歩です。潜水士として業務を進めるためには「潜水士免許」の取得が必要となります。また、潜水士といっても活躍の場はさまざまであり、どのような分野で仕事をするのかによって、潜水技術以外に身につけるべき技能や知識が異なります。
給料
潜水士の給料は、勤務先となる企業や組織によって異なります。危険も伴う特殊業務に就くことから給料は比較的高めといわれており、平均年収は600万円〜700万円程度、ベテランになると年収1000万円を超す人もいます。建設業界においても、難しいといわれる水中での作業をこなせる潜水士は好待遇で採用されやすいようです。専門知識と技能を要するため、正社員として働く人が多いことも特徴のひとつといえるでしょう。経験があると優遇されやすいですが、未経験者が就職できる企業もあります。
将来性
陸上とは環境が異なる水中での作業は誰にでもできることではないため、潜水士はさまざまな分野においてニーズが高い職業です。すでに建設分野における溶接や切断、塗装などの作業、落下物の捜索、沈没船の引き揚げ、海洋調査、ダイビング指導、撮影など多様な業務を担っていますが、潜水士の活躍のフィールドは、今後もさらに広がる可能性があります。一人前になるまでには長い時間がかかりますが、この道でスキルアップしていくことで給料や待遇に跳ね返ってくるほか、独立して仕事を進める道も開けます。