1分でわかる「建設コンサルタント」

仕事内容
建設コンサルタントは、建設業全般に関するアドバイザーとしての役割を果たします。

ダムや発電所、道路や橋などを造る際に、事前調査や事業計画の作成をしながらクライアントを総合的にサポートするのが主な仕事です。

土木や設計に関する専門知識はもちろんのこと、研究者、マスメディア、建設予定地の住民など、さまざまな人たちの立場や考え方を理解できる柔軟な思考能力が求められます。

手掛けた事業が多くの人々の生活の基盤を支えることにつながるので、社会貢献度が高くてやりがいのある仕事です。
なるには
建設コンサルタントをめざす人は、理系の大学や高等専門学校に進学するとよいでしょう。

理工学部などで「地質学」「土木学」「建築学」について学ぶと、知識や技術を仕事に生かすことができます。

就職先は建設コンサルタント会社や研究所、シンクタンクになります。

コンサルタント業務の未経験者が転職をめざす場合は「建築士」「測量士」「研究者」などの実績があると即戦力として重宝されるようです。

研修制度が整っている大手建設コンサルタント会社の場合は、熱意があれば全くの未経験者を採用することもあります。
給料
建設コンサルタントは専門性の高い職業なので、一般的な事務職に比べると給料は高めの水準になっています。

厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査によると、国家資格である「技術士」の平均年収は43.8歳でおよそ591万円です。

「技術士」や民間資格である「RCCM(シビルコンサルティングマネジャー)」など、資格の所持者には手当てがつくことがあります。

ただし、こうした資格は実務経験がなければ受験資格を得られないので、就職してから取得をめざすのが一般的です。
将来性
近年、建設コンサルタントは需要の高い状況が続いています。

この背景には、東日本大震災や熊本地震という大規模な自然災害が立て続けに起きたことで復旧工事に関連する公共事業が急増していることがあるようです。

また、2020年に開催される東京オリンピックに向けて新たな宿泊施設や競技場を造ったり景観を整えたりする事業も増えてきています。

防災への取り組みや都市計画を支えるスペシャリストである建設コンサルタントは、これからの時代ますますの活躍が望まれることでしょう。