1分でわかる「家具職人」

仕事内容
家具職人は、家具デザイナーが設計した図面に基づいて、家具を製作する仕事です。

技術の発展によってオートメーション化が進む家具工場が増えているものの、一部の作業は手で行うことや、オーダーメードで全て手作業で製作することもあります。

オーダーメードの場合、設計図通りに木材を切り出し、穴やホゾの加工を行い、組立、塗装、仕上げまで行います。

なお、家具職人が家具デザイナーを兼務しているケースもあります。
なるには
家具職人は家具製作会社や工房で働く人が多いですが、なるための方法はさまざまです。

家具関連のスクールや職業訓練校に通って技術を身につける人もいれば、家具職人に直接弟子入りをして、見習いとして現場で少しずつ仕事を覚えていく人もいます。

仕事を始める時点での資格や学歴は特に求められないことが多いです。

いずれにせよ、何年もの下積み生活を経験して、ようやく一人前になれる実力主義の世界です。
給料
家具製作会社や工房に勤める場合、会社から給料が支払われます。

スキルと経験によって給料は異なり、見習いのうちは月収20万円以下が多く、中には月給10万円程度という人もいます。

あくまでも勉強期間という気持ちでいることが大切です。

しかし、技術が身につくと月収50万円程度を得られる人もいるため、いかにスキルを高めるかが勝負だと言えます。

待遇は、会社や工房の規模や知名度、仕事量などよって大きく異なるようです。
将来性
機械で大量生産される低価格の家具が増えている現代ですが、一方ではぬくもりのある家具、確かな技術で作られた家具の魅力が再確認されています。

この先は、品質やデザインにこだわりを持つ人向けの家具や、独創性のある家具を製作できる工房や家具製作会社が生き残っていけるものと考えられています。

技術力と創造力を身につけ、高い付加価値を生み出すことができる職人は、厳しい環境でも活躍し続けることができるでしょう。