1分でわかる「建築施工管理技士」

仕事内容
建築施工管理技士とは、建築施工管理技士の国家資格を持ち、鉄筋工事、大工工事、屋根工事、内装工事など、建築に関する工事において現場の管理・監督を行う技術者のことをいいます。

具体的には、工事をどのように進めていくかをまとめた施工計画を作成し、現場の品質管理、安全管理、工程管理などを行います。

建築の現場では多くの技術者(職人)たちが協力して働いており、建築施工管理技士はその人たちをまとめ、安全かつ予定通りに工事が進むようコントロールしていきます。
なるには
建築施工管理技士になるには、建築施工管理技士の国家試験を受験して、合格することが第一歩となります。

この資格は1級と2級があり、それぞれ実務経験が求められるため、たいていの人は高校や大学などの学校を卒業後、ゼネコン、建築会社、ハウスメーカー、工務店などの企業へ就職して技術者として経験を積み、さらなるスキルアップのために試験を受験することになります。

この仕事では、建築工事に関する専門知識や技術はもちろんですが、建築施工管理技士は現場を指揮する役割を担うため、リーダーシップやマネジメントスキルが求められてきます。
給料
建築施工管理技士の平均年収は500万円前後といわれますが、大手企業になればなるほど給与水準は高くなっており、大手ゼネコンになると年収600万円以上を得る人も増えてくるようです。

なお、建築施工管理技士の資格を持っている人には、たいていの企業で「資格手当」が支給されています。

それ以外に「建築士」など業務に関連する資格を併せ持っていると、その分の資格手当も付きます。

とくに1級の資格を持っていると優遇されやすく、ベテランの建築施工管理技士は、転職を機に収入を大きくアップさせている人もいるようです。
将来性
現代日本は建設ラッシュが続いている一方、建設業界の職人の人数は足りておらず、人材の需要はさらに増しているといわれます。

経験を積んだ団塊世代のベテランが次々と引退していることもあり、とくに施工管理を行える建築施工管理技士が必要とされる場はますます増えており、大手ゼネコンをはじめ、大小さまざまな建設業の企業が求人を出している状況です。

各社とも若手の育成に注力していると同時に、外部から実力ある建築施工管理技士を採用するケースも増えています。

転職希望者にとってもまだまだチャンスはあるといえるでしょう。