1分でわかる「重機オペレーター」

仕事内容
重機オペレーターは、作業用に使う重機を操作するスペシャリストです。

工場でフォークリフトを使って荷物が掲載されたパレットを持ち上げ入荷や出荷の作業を行ったり、工事現場でショベルカーやクレーン車を使って建物を解体したりする作業を行います。

一瞬の判断ミスが事故を引き起こす危険な仕事でもあるので、安全に、正確に、スピーディーに作業を進めるためには、重機オペレーターの専門性の高い知識と技術力が欠かせません。

学歴や年齢ではなく、本人の能力がものをいう職人の世界といわれています。
なるには
重機オペレーターとして働くためには、操作する重機や作業内容に合わせた免許が必要となります。

この免許は18歳以上の人が受講できる技能講習や特別教育を修了することで取得することができます。

免許は必ずしも就職前に取得しておく必要はなく、企業によっては未経験者を採用して免許取得までバックアップしてくれることがあります。

人手不足の業界ということもあり、熱意や体力さえあれば歓迎するというスタンスの企業も多いので、工場や建設会社の求人を探してみるとよいでしょう。
給料
重機オペレーターは、その仕事の専門性の高さや危険を伴うということから、一般的な土木作業員に比べると給料が高いことで知られています。

求人票を参考にすると、日雇いの場合の平均的な日給は、8,000~13,000円前後です。

月給の場合は20~35万円ほど、年収にすると300~500万円前後になるようです。

ただし、この金額は個人の経験や能力によっても大きく異なりますし、免許の有無によって手当が変わってくることもあります。

正規雇用の場合はボーナスや住宅手当などがつくこともあり、より生活が安定します。
将来性
現在、重機オペレーターは全国的にも求人が多い状況です。

この数年間で東日本大震災や熊本地震のような大きな自然災害が続いたことで、復興支援工事における重機オペレーターの仕事が急増していることがその理由のひとつでしょう。

また、2020年には東京オリンピックが予定されているため、都内を中心とした建物の新築工事なども増えてくると予想されています。

今後しばらくは重機オペレーターの需要が高まっている状況が続くと考えてよいのではないでしょうか。