このサイトは建築模型士を目指す人のための情報サイトです。

建築模型士とは?

建築模型士は、住宅などの建物を建設する際に、家や施設のミニチュア模型を作る仕事です。実際の図面に即した立体的な模型を作成することで、見る人は建物の完成形をより具体的にイメージすることができます。設計事務所やハウスメーカーに就職し、経験を積んで建築模型士として働く人が多いようですが、未経験者でも通信講座を受講し、独学でなることも不可能ではありません。大学や専門学校などで建築の勉強をしていれば、その知識を生かすことができるでしょう。年収は300万円~400万円程度が相場とされていますが、フリーランスの場合は模型を作成した数によって収入が変動します。建築模型士を専門とする求人は決して多くないため、建設業や設計事務所で他の仕事をしながら模型作りをするのが現実的といえそうです。

建築模型士の仕事内容

建築模型士は、住宅などの建物を建設する際に、家や施設のミニチュア模型を作る仕事です。

実際の図面に即した模型を作成することになるため、見た人は建物を立体的にイメージしやすくなります。

建築模型には、住宅模型、スタディ模型、展示用模型など、いくつかの種類があります。

模型作成の目的も、建物を購入する人にイメージを持ってもらいやすくするためのものや、大型施設のロビーなどに飾って来場者に全体像を伝えるためのものなどさまざまです。

目的によって建築模型に求められる要素が異なり、簡易的な模型から外観まで含めた精密な模型まで、多種多様な模型作成が行われます。

建築模型士になるには・必要な資格は?

建築模型士になるために、特別な資格は必要ありません。

ただし、建築図面を理解して模型を作成できる人が求められるため、ある程度図面を読むための基礎的な知識は必要です。

一般的には設計事務所やハウスメーカーに就職し、知識と経験を重ねる場合が多い職業ですが、未経験から副業として始めることもできます。

未経験の場合は、通信講座を受講し、知識や技術を学ぶ必要があります。

通信講座によっては建築模型士など、独自の資格を取得することも可能です。

資格を取得しておくと、仕事を受注する際に自分の技術力を客観的にアピールする材料になるでしょう。

建築模型士に向いている人

建築模型士は細かいパーツを組み合わせて建物の模型を作る職業です。

そのため、手先の器用さが要求され、根気のいる作業が続く職業でもあります。ち密で細かい作業が苦にならない人に向いている職業です。

建築模型はプレゼンテーションなどに利用されることが多いため、納期をしっかり守るといった、スケジュール管理能力も必要です。

それに加えて、CADや図面を読む知識のある人であれば、品質の高い模型を作成することができます。

建築業界に携わっていた人や、大学や専門学校などで建築の勉強をした人などは、その知識を生かすことができるでしょう。

建築模型士の就職状況・雇用形態

建築模型士は一般的に、ハウスメーカーや設計事務所などに雇用された社員の仕事になる場合が多くなっています。

建築模型士として就職しなくても、業務の中で建築模型を作製する場合もあります。

それ以外では、建築業界での勤務経験がある人や通信教育などで勉強した人が、副業や在宅ワーカーとして働くことも少なからずあるようです。

建築模型士を募集している求人はあまりありませんが、顧客へのプレゼンテーション用に簡易的な建築模型を必要とする設計事務所はあります。

プロに頼むほどではないが模型は欲しい、という需要には、パートやアルバイトとして仕事を受注できる可能性もあるでしょう。

建築模型士の給料・年収・待遇

設計事務所などに就職する場合、平均的な給与は月額20万円前後の場合が多くなります。建築模型専門ではなく他の業務も行う場合は、年収300万円から400万円程度が平均値です。

建築模型は、1つ当たり2~3万円程度のものから、100万円~250万円以上もする、外観や周辺の景観まで再現した精密なものまで幅広くあります。

数百万円もする模型は、プロの建築模型士が何人もで作成するものです。

そのため、フリーランスとして個人で受注して作成する場合は、1個当たり数千円から数万円のものが多くなります。

収入は模型を何個作製したかによって変化します。

建築模型士の生活・勤務時間・休日

企業に勤めている場合は、9時から17時が勤務時間といった、一般的なサラリーマンと似たような勤務時間となります。

ただし、建設業界や不動産業界は土日が休みではなく、代わりに平日休みとなることも多くあります。

締め切りのある仕事になるため、納期間近になると業務が深夜まで及ぶということも少なくありません。

フリーランスとして働く場合は、ある程度自分で時間を調整しながら働くことができますが、やはり納期間近は忙しくなってしまいます。

建築模型士の現状と将来性

現在のところ、建築模型士を専門とする求人は決して多くありません。

しかし、プロに頼む予算はないけれど、簡易的で構わないので模型が欲しいという需要は少なからずあります。

そういった需要に対して、パート的な仕事はこれからも発生していくと考えられます。

現在建設業界に関わっている人や、建築やCADの勉強をしている人が、プラスアルファの技能として習得するには良い技術だといえるでしょう。

建設業や設計事務所での経験を積みながら、建築模型の仕事を同時にこなしていくことで、将来的に副業としたり、フリーランスとして仕事を受注したりできる可能性も上がります。

ただし、3DCADの急速な普及によって、人の手による模型作りが減少していく可能性があることを覚えておく必要があります。