電機メーカー社員のやりがい・楽しさ・魅力

電機メーカーのやりがい・楽しさ

製品を通し、社会を支えていることを実感できる

私たちの生活やビジネスは、多くの電気機器によって支えられています。

テレビや冷蔵庫、エアコンなどの家電やスマートフォンやパソコンなどの通信機器、建物内のエレベーターや街中の広告用モニター、電車や飛行機といった輸送機などその種類はじつに多様です。

最終的な製品に関わっていないとしても、その部品となる機器を設計しているメーカーも多く、実際に機器が使われている様子を目にすることも多いでしょう。

機器の生産に関わり、社会への貢献を実感できることは電機メーカー社員の大きなやりがいになっています。

世界を意識した仕事ができる

電機は日本の主な輸出品でもあり、世界中のさまざまな場所で利用されています。

そのため、生産側は海外市場へ向けた製品開発を行うこともあります。

国内とは法律の違いや環境の違いにより、同じ製品でも現地化された製品を生み出す必要があります。

たとえば、ロシアやカナダ、北欧などは北海道よりも北にあるため、低い気温の中でも安定した動作ができなければなりません。

また、地域によっては湿度が高い、潮風が吹く、環境保護のための要件が厳しいなど、さまざまな事情を考慮した製品が求められます。

経済状況もさまざまで、各地の状況に応じた製品を生産するために試行錯誤することもメーカーの大きな醍醐味です。

幅広い業務に携わることができる

電機メーカーでは、大きくは技術系、事務系として採用が行われていますが、入社後に本人の適性や希望などを踏まえて配属先を決めるのが一般的です。

また、配属が決まっても、数年単位でさまざまな部門に配属されて多くの業務について理解を深めるような教育体制になっている企業も多いです。

多くの業務に関わり、会社やビジネスについて多くのことを学んでビジネスパーソンとしての成長を実感できることがやりがいとなるでしょう。

電機メーカー社員の仕事内容・企業の種類

電機メーカーの魅力

ものづくりの醍醐味を感じることができる

電機メーカーは、日本のものづくりの精神と醍醐味を感じることができるのも魅力です。

精密で細かなところにまで気を配り、完成度を高めようとする先輩社員たちの工夫や努力、技術に対し感心します。

また、そういったこだわりによって作られた製品が、どのように社会に役立っているかを目の当たりにすると、見慣れた機械や光景だとしても違った感動を覚えることでしょう。

売上規模が大きい

電機メーカーの製品は、他の業界の製品と比べて単価が高く、売上規模が大きくなりやすいです。

売上の大きさは、会社の経営や自分の給料にも反映されますし、働き方によって成績や経費なども大きく変わってくるため仕事の結果が表れやすくスリリングです。

売上の大きさは価値の大きさと考えることもできるため、仕事を通し、大きな価値を社会に提供したことを実感できます。

待遇が比較的安定している

電機メーカーは社会に必要な物を作り、提供しているため、そのニーズは安定しています。

また、売上規模も大きな企業が多く、給与や福利厚生などを踏まえた待遇面が安定しているのも魅力です。

働きがいや待遇のよさから、業種や雇用形態を問わずメーカーは就活生から常に人気が高くなっています。

メーカーは男性が多いイメージがありますが、近年は女性の社会進出から女性の採用もさまざまな職種で増加しています。