電機メーカー社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

電機メーカー社員を目指すきっかけで多いものは?

電機メーカーの志望動機では、「社会貢献」や「ものづくり」がキーワードになっている人が多いです。

電機という身のまわりのさまざまな製品を通し、その機能や性能が生活を豊かにしていることを実感しているため、その開発や販売を行いたいという人がたくさんいます。

また、家電製品など一般的に利用される製品の場合、その製品が好きだからという志望動機も見られます。

こうした志望動機では、メーカーの開発姿勢や製品のコンセプトまで深掘りした内容を語る人も多いです。

電機メーカーを目指すきっかけに正解はありませんが、すでに入社している社員たちも同じ気持ちを持って入ってきているので、素直な気持ちを表現することで共感を得やすくなるでしょう。

電機メーカー社員の志望動機の考え方

電機メーカーは、企業によって製品や事業規模、社風に違いがあります。

そのため、各企業の特徴と自分の性格やスキルなどの特徴をうまく結びつけてアピールすることが大切です。

業界研究、企業研究をしっかり行って、志望動機として伝えたい内容とマッチしているかよく確認しましょう。

また、電機メーカーはその売上高の大きさや市場規模からもわかるように社会への影響や貢献も大きな仕事です。

そのため、独りよがりではなく、社会や会社、顧客に対する貢献という視点をしっかり持った内容でアピールしましょう。

事務系、技術系など職種による仕事の違いもありますので、入社後の職種をイメージした志望動機も効果的です。

電機メーカー社員の志望動機の例文

重電メーカーへの志望動機(事務系)

「私が貴社を志望したのは、産業を支える発電所設備を提供できる数少ないメーカーだからです。

とくに貴社は重電メーカーの中でもいち早く環境負荷の軽減に取り組み、自然エネルギーの利用に強みがあります。

私は大学で公共経済学を学び、環境税や課徴金などをゼミで研究してきました。

機器を提供するメーカーがこうした政策に対し、技術開発で応えることで人間の社会は理想的に進んでいると感じます。

私は海外留学経験から英語も苦になりませんし、外国人とのコミュニケーションも得意です。

ぜひ貴社の営業職として、製品を社会の発展に役立つよう国内外の必要な場所に広めていきたいです。」

家電メーカーへの志望動機(技術系)

「私が貴社を志望したのは、使いやすさとコストの点で他のメーカーにはない強みを持っていると感じるからです。

貴社はさまざまな家電製品において企画会議で徹底的に製品のコストやメリット、差別化ポイントを検討し、技術者が企画にチャレンジしながら製品開発を進めていると社内説明会で伺いました。

単純に最新技術を使って良しとするのではなく、顧客目線で製品を作り、新たな価値を生み出そうとする姿勢に共感しています。

私も大学で機械を専攻し、大学院の研究生活の中で制限こそが発想を生み出すことを実感しました。

ぜひ貴社の開発職となって、顧客ニーズに応える製品の開発に挑戦し、新たな価値を社会に提供していけたらと存じます。」

電機メーカー社員の面接で聞かれること・注意点

電機メーカーの面接は、他の業界・業種の企業の面接と大きな違いはありません。

ただし、メーカーは自社の製品に誇りやこだわりを持っていることが多いため、製品やその奥にある考え方をしっかり理解した上で受け答えをすることが大切です。

しっかりと業界研究や企業研究を行って、自分の意見も入れながら話せるように準備しておきましょう。

また、電機メーカーは規模の大きな企業が多く、組織で円滑に仕事を進めるためのコミュニケーション能力やビジネスマナーも重視されます。

話す内容や話し方だけでなく、服装や髪型、書類に書く字なども誠実さが伝わるように意識しましょう。

電機メーカー社員の自己PRのポイント

電機メーカーは人気が高いため、応募する学生の質も高くなります。

その中で埋もれない自己PRをするためには、自分の長所をよく理解し、魅力的なエピソードで伝えることが大切です。

魅力的に感じる要素は企業によって異なりますが、自社との相性のよさを重視する傾向があります。

「自ら創意工夫ができる」「挑戦心がある」「向上心を持って学べる」などの特性を喜ぶ企業も多いため、こうした特徴は積極的にアピールするとよいでしょう。

企業が採用サイトなどで公開している「求める人材像」「企業理念」などを確認すると、どのような特徴が喜ばれるか見えてきます。

いくつかのアピールポイントの中から、一致している点を中心に自己PRを考えてみましょう。

電機メーカー社員の履歴書で気をつけるべきことは?

電機メーカーに応募する際の履歴書では、何ができるのかを明確にすることが大切です。

資格や技能、学歴・職歴などはただ箇条書きにしてしまわず、業務に関連すると思われる部分は少し詳しく書くようにするとよいでしょう。

また、履歴書は書類選考の材料になるだけではなく、面接の際の資料にもなります。

そのため、履歴書に記載できる項目の中に、さりげなくアピールを入れておくことで採用側の興味を引くことができるでしょう。

電機メーカーは多くの人が応募するため、採用側は書類に目を通すだけで大変です。

アピールのために何でも詰め込まず、わかりやすさや読みやすさに注意しながら履歴書を作成しましょう。

電機メーカーの志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で電機メーカーへの転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

メーカーの分野に強い転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、電機メーカーの「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。