電機メーカー社員の仕事、業務内容

電機メーカーとは何か

電機とは「電気機械」の略で、テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった私たちの暮らしに身近な家電製品をはじめ、発電機や電池などの重電製品、スマートフォンやパソコンといったコンピュータ製品、あるいは電子部品など、あらゆる電機製品の開発・生産・販売を行う会社のことをいいます。

電機メーカーが扱う製品は上記に挙げた製品のほか、産業用ロボットなどの産業用電気製品、電車などの電動輸送機器、自動車や船舶用の電子機器、航空宇宙機用の電子機器など細かく見ていけば実に幅広い領域となっています。これらのいずれかを取り扱う企業が、一般的に電機メーカーといわれます。

電機メーカーは、主な事業内容によって、以下のようにいくつかの種類に分けることができます。

■総合電機メーカー
■総合家電メーカー
■総合エレクトロニクスメーカー
■音響・映像系メーカー
■重電メーカー
■光学系メーカー
■精密電機機器メーカー
■照明器具メーカー
■電子部品メーカー

一般的に、国内において「総合電機メーカー」と呼ぶ場合は、日立製作所、東芝、三菱電機の3社を指しており、「大手電機メーカー」と呼ぶ場合には総合電機メーカー3社に加えてパナソニック、ソニー、シャープ、NEC、富士通の計8社を指すとされています。

総合電機メーカーは、家電製品や電子部品、産業用電機製品といった幅広い製品群を取り扱うことに加え、「重電部門」を持っていることが特徴とされています。

電機メーカーで働く人たち

電機メーカーでは、開発、生産、販売に至る一連の業務に大勢の人が関わっています。

職種をは大きく「技術系」と「事務系」に分けることができ、前者は設計開発のほか、研究開発や生産技術、品質管理などの業務、後者は営業を中心に、資材や経理・財務、総務・人事などの業務に携わります。

電機メーカーのなかには非常に大きな組織となっている企業もありますが、いずれも「製品をつくる」「製品を販売する」「会社を支える」といった各部門に分けることができます。