電機メーカーへの転職・中途の未経験採用はある?

電機メーカー社員への転職状況は?

電機メーカーは有名で人気の高い企業が多い一方、知名度は低いものの経営状況や待遇のよい「隠れ優良企業」も多いといわれます。

そのため、転職を希望する人は非常に多いです。

名前が広く知られた大手企業のブランド力や、日本を代表するものづくりに携われること、あるいはグローバルな活躍が期待できるなど、電機メーカーには、勤める上での多くの魅力があります。

電機メーカーでは新卒採用だけでなく、通年を通して中途採用が行われています。

とはいえ、基本的には人員補充を主な目的として不定期に発生するものであり、いつでもどこでも求人があるわけではありません。

人気がある分競争相手も多くなるため、特別な業界経験や技術がない場合は、希望したメーカーに転職するのは簡単ではないでしょう。

電機メーカー社員への転職の志望動機で多いものは?

電機メーカーに転職する際の志望動機では、新卒の学生と同様に「ものづくりの現場で働きたい」「世界を意識した仕事がしたい」「ものづくりを通して社会に貢献したい」などが多く見られます。

また、実際の製品や過去に取引をした経験からファンになり、勤めてみたいと思ったという人も転職では多いです。

志望動機ですので自由で構いませんが、転職の場合、今までの人生経験や業務経験から、新卒者よりも踏み込んだ形のでの志望動機が求められます。

ビジョンや希望だけではなく、実績や経験から地に足のついた具体的な志望理由を回答できるよう準備しておくのがよいでしょう。

また、企業の求める人材像や経営理念をよく考えて志望動機を伝えると、より効果的です。

電機メーカー社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験・社会人から電機メーカー社員になるには

電機メーカーの社員になるにあたり、特殊な経験や資格・能力が求められることはあまりありません。

とくに事務系職の場合は、求人の有無や個人の人間性が大きく問われます。

履歴書などに職歴や資格などを記入しますが、これも人間性を判断する材料になっているという意識を持ちましょう。

電機メーカーは勤続年数が比較的長いため、向上心や周囲への貢献意識などがアピールできるとよい評価につながります。

求人は求人サイトや人材紹介会社、ハローワークなどで探すことができ、希望者は応募して採用試験を受けるのが一般的です。

大手では筆記試験を行う場合もあるため、募集要項をよく確認しておきましょう。

電機メーカー社員への転職に必要な資格・有利な資格

電機メーカー社員への転職にあたり、必要な資格や有利な資格は基本的にありません。

ただし、転職の場合は職種別に募集が行われており、募集要項に資格や経験について記載がある場合があります。

品質管理なら「QC検定」、IT関係なら「情報処理技術者試験」の各資格、経理なら「簿記」などが求められるため、実務経験や資格取得が必要となるでしょう。

また、海外とのやりとりが発生する業務では英語能力が求められることがあり、「TOEIC」の高得点は良いアピールになります。

事務系職の場合、「MOS」「ビジネスマナー検定」などのビジネスの基礎力を示す資格があると評価につながるでしょう。

技術系職では、在学中や社会人になってからの研究内容や職歴などが重要で、資格の有無はさほど関係ありません。

電機メーカー社員に必要な資格やスキルはある?

電機メーカーへの転職に役立つ職務経験は?

中途採用は、企業によっては「キャリア採用」と呼ばれることもあり、職務経験を重視して採用していることがわかります。

社会人経験がある人をイメージした採用になるため、前職の経験やスキルをしっかりとアピールすることが大切です。

企業規模や扱う製品、職種によって、求められる職務経験が異なりますので、企業の採用サイトや募集要項から求められているものを考え、自分の経験から適切なものを選んでアピールすることが求められます。

基本的には職務に関係する経験が高く評価されます。

できるだけ「~の業務を3年」「産業用機械の営業で年間1億円の売上」など、数字を交えて具体的な経験を伝えることが評価につながります。

アピールできる経験がない場合は、向上心や人間性をアピールしたり、社会人としてのスキル向上に向けて現在行っている取り組み(資格学習など)などを紹介したりするとよいでしょう。

電機メーカー社員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

電機メーカーの求職情報では、30~35歳くらいまでの募集が多くなっています。

仕事を覚えるために一定の時間がかかることが年齢に制限を設ける主な理由で、企業は将来を考えて若い人材の採用を希望します。

大企業でも、ある程度の年齢になった従業員では退職者も出ますが、結婚などを背景とした職種変更者も出ますので、それが人員補充にまずあてられます。

そのため、社内の平均年齢が高止まりしやすく、会社の年齢構成を保つために若い人を積極的に採用する傾向が強いです。

こうした理由で、よほど特殊な技術や経験がないと、40代以上での転職は難しいのが実情です。

電機メーカー社員への転職面接で気をつけるべきことは?

電機メーカーに転職する際の面接では、基本的に前職での経験や事業や理念への理解を問われます。

こうした問いの中で、専門性と人間性が見られ、書類の内容と合わせて合否を審査されています。

とくに転職では、「会社にどのような貢献ができるのか」を厳しく問われるため、普段からよく考えておくことが必要です。

企業によっては、人事担当者だけでなく役員面接も実施されるため、ビジネスマナーや身だしなみも大切です。

あるテーマに関し、一人の職業人、プロとしての意見や見識を求めてくる企業もあります。

必要以上に自分を大きく見せる必要はありませんが、気圧されず、自分の仕事や経験、知識から、堂々と自信を持って伝えることを心がけましょう。