電機メーカー社員の勤務時間・休日・残業は多い?

電機メーカー社員の勤務時間

電機メーカーの勤務時間は、本社勤務の人は8:30~17:30と一般的な時間帯が多いです。

工場などの場合、稼働や出荷の都合でもう少し早い時間帯に始業していたり、24時間工場が動いていて夜間もシフト勤務の人が出勤していたりすることがあります。

労働時間は法律が遵守されている場合が多く、8時間前後が標準で、残業は繁忙期を除けば多くはありません。

また、一部の職場や職種ではフレックスタイム制度が取り入れられていたり、育児中の社員が短時間勤務制度などを利用して働いていたりします。

電機メーカーでは中長期的な視点で社員育成を行う方針の企業が多いため、働きやすさを重視している企業が多いです。

電機メーカー社員の休日

多くの電機メーカーの休日は、土・日曜日が休みの「完全週休2日制」です。

祝日が休みの場合も多く、有給休暇、年末年始休暇、夏季休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇などの休暇制度もしっかりと整っています。

最近は育児休暇や看護休暇などに力を入れ、女性のワークライフバランスに配慮する企業も多くなっています。

とはいえ、企業によってこうした休日には格差があり、とくに中小企業においては休日が安定しないこともあります。

研究開発や生産技術などを担当する社員の場合、工場が止まっている日にしかできない仕事などもあるため、休日出勤も発生しがちです。

全体としては休みの日は安定していますが、職場や職種によって個人差があるためよく確認しておきましょう。

電機メーカー社員の残業時間

電機メーカーの残業は、企業や事業所などによって違いがあります。

年末などのセール時期や、半期や年度末の締めの時期は忙しくなる傾向にあり、残業も増えやすいです。

ただし、職種によっても残業の程度は異なります。

基礎研究の技術者は納期の決まった案件は少ないため残業が少ないです。

しかし、製品開発の技術者の場合、納期に追われながら開発をしなくてはならないケースがあり、進捗次第で残業量も増えていきます。

基本的には法令に従って労働時間がしっかり管理されているため、そこまで極端な残業になることはありません。

しかし、残業がないイメージをもって入社して「思ったよりも多かった」と感じる人もいるようです。

電機メーカー社員は忙しい? 激務?

電機メーカーの社員は、繁忙期などは忙しく働きますが、いつも忙しいわけではありません。

基本的にはある程度の仕事量を安定して毎日継続することが求められます。

ただし、新しい製品のリリースや、繁忙期に向けた準備などが必要な場合はそれに合わせて生産や営業を行います。

残業が発生したり、残業はなくとも日々の生産目標や販売目標が増えたりして仕事の密度が高まります。

企業や職種、役職によっては激務になる人もいますが、定時に帰れる人が大多数で、ワークライフバランスがとりやすい仕事です。

電機メーカー社員の休日の過ごし方

電機メーカーの社員は、休日はカレンダー通りになっていることが多いため、のんびり過ごしています。

一部、工場設備の点検などのために休日にも出勤が必要になる人もいますが、多くの人はゆっくり休暇を取れます。

有給や長期休暇もあるため、家族と計画的に旅行を楽しむことも可能です。

繁忙期になると仕事は増えますが、休日を削って仕事をすることはあまりないでしょう。

工場の一部だけを止めることは難しいため、一部の社員が休日出勤で生産活動を行うことは少なく、休日中の呼び出しや問い合わせもほとんどの人にはありません。

技術系職ほど休日はのんびりで、休日に仕事が入る可能性は、営業や企画などの事務系職のほうが多くなる可能性が高いです。