女性の電機メーカー社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の電機メーカー社員の現状

電機メーカーは長く男性中心の組織になっており、社歴の長い人や役職者も男性が多くなっていました。

しかし、女性の社会進出が進む中で、電機メーカーでも女性社員の積極的な採用が見られます。

女性の役員や管理職なども少しずつ増えてきており、新しく入社する人たちにもキャリアイメージを持ちやすくなりつつあります。

従業員数の多い大手電機メーカーでは女性社員も多く、管理職になって活躍しているケースも見られます。

家電製品はとくに女性の感性が重要視されるため、女性の活躍が目立つ分野です。

技術職は男性社員のほうが多いものの、以前ほど女性が珍しいということはなくなっています。

女性の電機メーカー社員の強み・弱み

女性ならではの観点・意見

家電製品など女性が多く利用する機器の場合、女性ならではの観点や意見が非常に重要です。

たとえば製品の企画会議で「かわいくない」「重い」などの意見が女性から出た場合、それは非常に重要な参考意見となります。

男性は機能や性能などから価値を考える傾向がありますが、女性はその製品の使い勝手や心理影響、生活空間への影響など感覚的な部分に敏感なため、互いに補い合うことでよいバランスになります。

女性が少ないことの長所と短所

女性が少ないことは、女性にとって長所・短所の両面があります。

海外進出も多い電機メーカーですが、海外では女性の雇用や役員比率などを重視する投資家や企業が多いため、日本のメーカーも今後は女性を積極的に登用していくことが求められています。

そのため、女性であることが昇進などにおいて有利に働く場合もあるでしょう。

一方で、多数派の男性の意見が通りやすく、やりにくさを感じる場面も出てきます。

特に男性の多い工場などでは、体力や体調に関して女性への理解や配慮が足りない場合もあり苦労することがあります。

電機メーカー社員の結婚後の働き方・雇用形態

電機メーカーは企業規模もさまざまで、その職場環境もだいぶ違います。

一般的には福利厚生が充実した企業が多く、結婚後も長く働きたいと考えている人は多いですが、勤務地や職種、労働時間の都合からパートナーともよく相談することが必要です。

最近はテレワークへの対応や、時短勤務の導入によって事務系職における状況はだいぶ改善されてきています。

しかし、どうしても生産拠点で働く技術系職の場合、パートナーの協力がないと同じように働き続けるのは難しいようです。

とくに転勤や海外赴任などがある企業・部署で働く場合、どこまでは大丈夫なのか会社とよく話し合っておく必要があります。

電機メーカーの社員は子育てしながら働ける?

電機メーカーの社員は、出産した後、出産前と同じようにフルタイムの正社員として働きたいと思っても難しいケースが多いです。

とくに出張や海外赴任などが難しくなることで、一部の職種や部署での仕事は現実的に難しくなるでしょう。

大手電機メーカーでは、産前産後休暇や育児休暇、短時間勤務、在宅勤務など、女性社員が結婚や出産後も仕事を続けやすくなるように制度の充実に取り組んでいます。

また、ジョブローテーションでさまざまな職種を経験していれば、働き続けやすい部署に異動することはさほど難しくありません。

キャリアと子育てを両立してきた女性の役職者も少しずつ増えてきており、そういった先輩の経験が参考になります。

基本的に辞める必要はなく、パートナーや会社とよく相談し、ワークライフバランスのとりやすい雇用形態や働き方を探すことになるでしょう。

電機メーカー社員は女性が一生働ける仕事?

電機メーカーでは、まだまだ女性の絶対数が少ないですが、女性の進出例は増えています。

また、役職者の中にも女性が増えてきているため、女性の働きやすさについての理解が進みつつあります。

企業の経営状況さえ問題がなければ、女性が一生働き続けるために十分な環境が整いつつあるといえるでしょう。

しかし、やはり仕事内容によっては難しい場合もあるため、会社だけでなく家庭の協力も不可欠です。

本人も仕事でしっかりと成果を出して貢献しなければ、やはり同僚に後れを取っていると感じてつらくなってしまうことがあります。

そのため、家庭と仕事をしっかり両立していくための意識や向上心、自己管理能力が大切です。