電機メーカーの現状と将来性

電機メーカーの現状

国内において、電機メーカーは市場規模、就業者数ともに日本の中でも屈指の産業です。

先進国の豊かな社会を支える電機は私たちの生活やビジネスに必要不可欠で、世界でもその品質が認められています。

しかし、海外からの輸入品の増加によって国内のメーカーも危機感が募りはじめています。

とくに今後の産業に大きな影響を与えるIT分野においては海外にシェアを奪われ気味です。

また、ペーパーレス化や環境対応といった社会的ニーズの変化によって、コア技術を残し、生かすために新事業へのチャレンジや経営統合などに取り組むケースも見られます。

電機業界では大手企業が大きなシェアを持ち、その下請けや部品工場が多数存在しているため、大企業の経営状況や事業動向が市場全体に大きな影響を及ぼすことにも注意が必要です。

電機メーカーの需要

電機は生活やビジネスに必要不可欠なものとなっており、そのニーズは旺盛です。

そのため、電機メーカーそのものは今後も無くなることはありません。

しかし、人口の減少や、ロボットやAIによる産業の効率化によって就業者数は今後減少が見込まれます。

また、新しい技術や製品ジャンルの開発が進まなければ、原料や労働力の安い海外が生産上有利になるため、拠点が移される可能性もあるでしょう。

電機メーカー大手では中期的な国内市場の縮小を見込み、海外市場における成長戦略を重視しているところが多くなっています。

そのため、外国人の採用や外国語能力のある人材の確保に力を入れています。

電機メーカーの将来性

日本国内においては、今後は人口減や産業構造の変化によって市場は縮小することが見込まれます。

また、世界的に機械やサービスの標準化の流れが進み、日本向けに進化した携帯電話やPHSなどの「ガラパゴス化」した製品は淘汰が進んでいます。

現在はロボットや医療機器といった先進分野においては優位性がありますが、長年日本の主力産業だった自動車産業においても徐々に海外メーカーが強くなっており、電機産業全体ではやや海外に押され気味です。

今後、日本の電機メーカーが海外に対しても強みを出していける分野が絞り込まれ、より特化した形で産業が発展していくと見られます。

そのため、扱う製品や技術分野によって成長、衰退が大きく分かれてくることになるでしょう。

電機メーカー社員の今後の活躍の場

電機メーカーでは、国内だけでなく海外への展開が進んでおり、グローバルな事業に対応できる人材が必要です。

海外との商談をとりまとめる力や、海外の技術者と一緒に研究や生産に取り組める知識と言語力が求められるでしょう。

逆にいえば、電機メーカーで働き、こうした能力を身につけることができれば、国内外のどこでも働けるグローバル人材としてさまざまな業界で活動できます。

海外で起業したり、メーカーの現地法人のパートナーとして活動したり、海外の大学や研究機関で研究者となったりと、専門能力を生かしてさまざまな活躍を期待できるでしょう。