電機メーカー社員として働くには(大学・学歴・学部など)

電機メーカーの社員採用試験を受験する

電機メーカー社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受験する必要があります。

大手電機メーカーでは新卒採用を中心に行っており、毎年、定期的に一定数の新入社員を採用しています。そこでの学歴の条件はたいてい「大卒以上」となっています。

大手企業における募集職種は「技術系」と「事務系」の2種類に分かれていることが多く、最も多いところでは両者をあわせて毎年500名~1000名程度の採用実績があります。

なお、事務系に比べると技術系のほうが2倍~3倍程度多めに採用されるケースが一般的です。

入社後に配属される

技術系、事務系とも、まずは一括採用され、入社後に本人の適性や希望、会社の状況などを踏まえて配属先が決定することが多いようです。

事務系であれば営業を中心に、資材や経理・財務、総務・人事などの業務、技術系は設計開発のほか、研究開発や生産技術品質管理などの業務があります。

また、配属後も数年ごとにジョブローテーションをすることで幅広い業務を経験し、ビジネスパーソンとしてのスキルを高めていくといった流れが一般的です。

有利になる学部・学科は?

電機メーカーのなかでも、一般的に研究や開発関連の部門では、電気系(電気、電子、情報、通信)、機械系などの学部・学科出身者が対象とされています。

さらに研究職については、大学院で専門的な研究をしてきた人が採用されることが多いようです。

営業や企画などの事務系部門については、基本的に全学部・全学科を対象としています。

実際、電機メーカーにはさまざまな勉強をしてきた人が集まってきますが、経済、経営、商学系の学部・学科で流通について学んでいると、仕事でも学びを生かすことができるかもしれません。

ただし、特定の学部・学科を出ていれば必ず就職に有利になるといったものはなく、それ以上に熱意や人間性、行動力などの面が重視されています。