電機メーカーで働くには(大学学部・学歴)

電機メーカーになるための学校の種類

電機メーカー社員として働くには、各電機メーカーが実施する社員採用試験を受験します。

大手の電機メーカーやそのグループ企業では、定期的に新卒採用を行っている企業が多いです。

電機メーカーの事務系の就職にあたっては、入社時点で特別な資格や専門性、スキルなどが求められることはありません。

企業の規模や扱う製品によって、高卒でも採用することもあれば、大卒以上の学歴を求められることもあります。

また、技術職の多くは「大学または大学院」あるいは「高等専門学校」の卒業が必要です。

先端分野の場合、大学院の修士・博士課程を卒業した学生だけを募集していることもあります。

電機メーカーになるための大学

事務系の総合職の場合、出身校や学部・学科はじつにさまざまで、企業の求める人材に近い雰囲気の人が集まります。

入社後に必要な知識は研修やOJTで身につけていくため、とくに在学中に勉強しておくとよい分野はありません。

技術職の場合は、工学部(電気・電子、情報、機械系)や理学系学部の出身者に対して募集が行われ、学内推薦で就職できる場合もあります。

大手企業の研究開発職では、博士課程修了者のみを採用しているケースも少なくありません。

大学では学部卒までなら、国公立大学で年に50万円~100万円、私立大学で60万円~120万円ほどかかります。

大学院では卒業までにさらに2年以上かかり、毎年60万円~150万円ほどの学費が必要になりますので、進路についてはしっかりと考えておくことが大切です。

電機メーカーになるための専門学校

電機メーカーで技術系を目指す場合、機械工学電子工学に関して学べる専門学校を選ぶ必要があります。

しかし、IT分野のプログラマーやエンジニア、Webデザイナーなどと比べると、学校の数はそれほど多くなく、多くの設備が必要になることから学費も高めです。

事務系の職種を目指す場合であれば、経営やマーケティング経理などを学んでいると業務で役立ちます。

学費は初年度の納入金が120万円~150万円ほどで、2年目以降は60万円前後のところが多いです。

専門学校では実務で役立つ技術を早く学べますが、大学とは教育方針が異なり、先端技術よりも普及している技術の修得がメインになります。

電機メーカーになるための学校選びのポイントは?

電機メーカーを目指すなら、まずは大学に進学するのが無難です。

選択肢を広げるためには工学系の学部への進学が望ましいですが、理系なら他学部からでも採用されるケースもあるため、そこまで神経質に考える必要はありません。

ただし、機械系の学部であれば研究室の推薦がある場合もあるので就職は有利になるでしょう。

文系、理系とも基本的には電機メーカーが業務上必要な専門知識を求めてくるケースは少ないですが、企業にフィットできる人材であるか、また行動力やコミュニケーションの威力があるかを見られます。

学校選びや学業はもちろん大事ですが、部活やサークル、アルバイト、学外活動などで人間力をバランスよく伸ばすことも大切です。