素材メーカーの就職、求人、採用の状況

大手メーカーでは定期的な新卒採用を実施

素材メーカーは数多くありますが、大手企業の場合、毎年定期的な新卒採用を行うことがほとんどです。

なかには「技術系」「事務系(営業系)」あわせて100人以上の新入社員を受け入れるところもあり、全国からたくさんの学生が応募しています。

素材メーカーは学生にとって人気の就職先のひとつとなっており、とくに知名度がある大手企業や、堅実な経営をしながら成長している優良企業に人気が集中しやすくなっています。

採用人数は多かったとしても、相当な高倍率になることもあるため、よく準備をして就職試験に臨む必要があるといえるでしょう。

企業によって求める人材像は異なる

素材メーカーは歴史ある企業も多々ありますが、伝統的な古き良き日本の大企業であったり、革新に力を入れて若者が活躍しやすい風通しのよさが特徴であったりと、社風は会社によって異なります。

また、企業が求めている人材像というのも各社で異なり、そこをよく理解しておかないと、いくら優秀であっても採用にはつながらないことがあります。

志望動機を明確にしておくことはもちろんですが、数ある素材メーカーのなかで、なぜその会社を志望するのかをハッキリと伝えられるように考えておく必要があります。

とくに、素材は鉄鋼、非鉄金属、紙・パルプ、繊維など、取り扱う素材の種類によっても特徴が大きく異なります。

ある素材メーカーでは、その会社が扱う素材に対する思い入れがどれくらいあるのかを、面接などで問いかけられるようなこともあるようです。

志望先の業界に対する入念な研究が求められるといえるでしょう。

職種ごとに求められるスキルは?

素材メーカーの仕事は、大きく「技術系」と「事務系(営業系)」に分けるできますが、技術系では理系学生が中心に採用されるため、学生時代の学びを、どれだけ入社後に生かしていけるかという点が重視されます。

一方、事務系(営業系)では、高いコミュニケーション力が問われてきます。

素材メーカーは受注生産が中心のビジネスとなるため、売上向上のためには営業力が不可欠です。

ものづくりに対する情熱を持ちながら、それを世の中に広めていこうとする前向きな姿勢が求められてくるでしょう。