素材メーカー社員の仕事、業務内容

素材メーカーとは?

素材メーカーとは、ものをつくるメーカーのなかでも、鉄鋼、非鉄金属、ガラス、セメント、紙・パルプといった「素材」をつくり出す企業のことをいいます。

素材メーカーによってつくられたさまざまな素材は、また別のメーカーの手によって部品に加工されたり、組み立てが行われ、そして形ある製品として市場に供給されていくのが、一般的なものづくりの流れです。

具体的には、自動車、リチウム電池、インク、アルミニウム、ペットボトル、段ボールなど、私たちが日常生活で実際に使ったり、目にしたりするものに、ありとあらゆる素材が使われています。

つまり、素材はものづくりの基となる必要不可欠なものであるといえ、見えないところで人々の生活を支えています。

そうした素材メーカーで働く人が、素材メーカー社員と呼ばれます。

素材メーカーの役割と立ち位置

素材メーカーの仕事は、どのような種類の素材を扱う場合であっても、基本的に一般消費者向けのビジネスではなく、企業間で取引を行う「BtoB」のビジネスとなります。

素材を必要とする他業種のメーカーと取引を行い、求められる素材を提供していきます。

素材メーカーの仕事は、お客さまとなる企業(メーカーなど)があってこそ成り立つものであり、ニーズに応じてどのような素材をつくるかを考え、製造を行っていきます。

最近では、自動車や電機、半導体などのメーカーで使われる新素材の研究や開発に力を入れる素材メーカーが増えているようです。

具体的な仕事内容は?

素材メーカーでは、以下のような仕事に携わる人たちが働いています。

営業

素材メーカーのお客さまは、最終的に消費者が目にする製品を手掛けるメーカーとなります。

お客さまの製品開発の状況や市場動向を把握したうえで、より質の高いものづくりを実現するための素材の提案を行います。

研究、技術開発

市場のニーズを把握し、技術力をもって、新しい素材の研究や開発を行います。

とくにITやエレクトロニクスなど技術が急速に進歩する分野では、つねに次世代の素材の開発が求められています。

製造

開発された素材を量産するためのしくみを整えたり、製造プロセスに必要な要素を見つけ出していきます。

品質管理、生産管理

製品を安定的に供給できるような体制を整え、品質が保たれるしくみを構築します。

エンジニアリング

プラントや生産設備の設計・構築、さらに工場全体の電力供給システムや生産管理システムの設計・構築・維持管理などを行います。