素材メーカー社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

素材メーカーの仕事は、大きく分けると「技術系」と「事務系(営業系)」に分けることができますが、営業のように本社や事業所などオフィスで勤務する素材メーカー社員の勤務時間は9:00~18:00くらいが一般的です。

実働は7.5時間から8時間程度となるでしょう。

一方、技術職を中心に研究所や工場に勤務する場合には、もう少し朝が早くなることが多いようです。

だいたい8:00~8:30くらいに始業となり、終業は夕方くらいになります。

職場によってはフレックスタイム制が導入されており、より柔軟な働き方が可能になっています。

素材メーカーは多様な職種の人が働いており、工場で製造に関わる場合は交代制勤務となり、夜勤が入ることもあるようです。

大手の素材メーカーになると、全国各地に事業所や工場などの拠点を設けており、勤務地によって勤務時間は変わってくることが多いようです。

休日

素材メーカーの休日は、一般的な会社員と同じように、土・日曜日が休みとなる「完全週休2日制」となっている場合が多く、さらに祝日、年末年始も休みとなります。

ただし、交代制勤務の場合は曜日固定の休みではなく、他のスタッフと交代で休日を取得することがあるようです。

このほか、年次有給休暇・慶弔休暇、特別休暇などがおもな休暇制度となっています。

残業

素材メーカー社員の残業状況は、配属先や職種によって異なりますし、その時々の仕事の状況によっても変わってきます。

忙しくなる時期もありますが、全体として見ると残業はさほど多くないといわれており、比較的落ち着いた環境のなかで働くことができるでしょう。

とくに、歴史ある大手企業は組織体制がしっかりとしており、一人の社員にばかり業務量が偏らないような配慮や、効率的に仕事を進められるしくみづくり、また無駄な残業をしないような取り組みに力を入れているところも多いようです。