素材メーカー社員の給料・年収

平均年収

素材メーカーはたくさんあり、会社によって給与水準は異なりますが、全体での平均年収は500万円前後となっているようです。

企業の規模や売上と社員の年収は比例する傾向にあり、また、組織が大きいところは歴史ある会社が中心で、実力主義というよりは、まだ年功序列の色が強めとなっているようです。

したがって、長年働き続けるほど給料は上がりやすくなります。

新卒で入社した場合、30代半ばくらいから給料の上がり幅が大きくなりがちで、さらに経験を積んでいくと、業績がよい企業の総合職では平均年収1000万円を超えてくるところもあるようです。

順当に出世をして役職がつけば、それなりによい収入が得られるでしょう。

ただし、管理職になると年俸制が適用されることが多いため、どれだけ会社に貢献して成果を出せるかが収入アップのポイントになってきます。

初任給について

素材メーカー社員の初任給は、学部卒、修士了、博士了といった最終学歴ごとに定められています。

学部卒の場合は20万円~23万円程度、修士了では24万円程度、博士了になると27万円~29万円程度と、初任給の時点で学歴によって10万円近くの差が出ることもあります。

しかし、その後の給料の変動は、職種や昇格の状況によっても変わってくるでしょう。

諸手当・福利厚生について

残業が多い職場では、残業手当の内容によっても手元に入ってくるお金が変わってくるでしょう。

裁量労働制をとっている企業も増えているようですが、その場合はサービス残業が発生しやすいといわれています。

ただし、大手の素材メーカーは待遇面が充実しており、手当については時間外手当、深夜手当、通勤交通費など、福利厚生については各種社会保険のほか、社員寮や社宅完備、財形貯蓄、住宅融資制度、持株制度などが導入されているところが多いようです。

比較的、安心して働きやすい会社が多いといえるでしょう。