素材メーカーでのインターン

素材メーカーのインターンとは

もともと海外の企業では積極的に行われていたインターンシップ(インターン)ですが、いま、日本の企業でも実施するところが増えているようです。

インターンは、学生が社会に出る前に「就業体験」ができる場となっており、実際にその会社の業務を体験してみたり、グループワークなどを通じて仕事を理解したり、ビジネスの基礎に触れてみることができます。

すべての企業でインターンが行われているわけではありませんが、最近では大手企業でも、学校が夏休みや冬休みなどの期間にインターンを行う傾向が高まっています。

インターンの内容は?

素材メーカーでのインターンは、「営業インターンシップ」「マーケティングインターンシップ」「技術インターンシップ」といったように、仕事内容別にいくつかのコースに分けて実施されることが多いようです。

インターンの日数については、1日だけで完結するプログラムから、数日間にかけて行われるもの、また企業によっては長期インターンを行っているところもあります。

インターン期間によってどれだけの体験ができるかは変わってきますが、会社ごとにオリジナリティあるプログラムを用意しているため、いろいろと見比べてみるとよいでしょう。

どんなメリットがある?

素材メーカーで扱うさまざまな素材は、あらゆるモノの基になる重要なものですが、製造メーカーの製品とは異なり、私たちが生活するうえで直接目にする機会が少ないといえます。

インターンシップに参加することで、素材メーカーの役割や、世の中における立ち位置を実感しやすくなるでしょう。

実際に就職して社会に出る前に、仕事をすることに対する心構えを持ちやすくなるのもインターン参加のメリットです。

また、人によっては大学在学中の早い段階からインターンに参加し、自分自身のキャリアを考えるとともにビジネスマナーを身につけ、その後の就職活動に生かしている人もいます。