素材メーカーへの転職

転職は即戦力に慣れる人が歓迎されやすい

素材メーカーでは、定期的に学校を卒業したばかりの若手社員を採用する新卒採用のほか、不定期での中途採用も活発に行われています。

中途採用は「キャリア採用」」や「経験者採用」といった名称で実施されることも多く、営業の仕事なら営業、設計の仕事なら設計といったように、職種別の採用が中心となります。

また、即戦力になれる人材が求められやすく、募集職種に関連する実務経験や知識、スキルを持っている人は歓迎されるでしょう。

企業によっては、応募資格として「〇〇の経験△△年以上」といった条件が掲げられていることもあります。

学歴は職種などによって不問のこともありますが、基本的に新卒と同様「大卒以上」の学歴が求められてきます。

転職をする人の前職は?

素材メーカーへ転職する人の前職はさまざまですが、たとえば営業職の場合、前職も同業界の営業や、商社、不動産、機械、食品といった他の業界の営業として働いていた人が多いようです。

それまでの経験を生かしながら、さらなるステップアップを目指して転職を考える人が多いです。

素材以外のメーカー勤務だった人も、「ものづくりに携わる」という点では素材メーカーと共通しており、素材メーカーへ転職をするケースは比較的よくあるようです。

未経験からでも転職できる?

なかには未経験者を対象とした中途採用を行う素材メーカーもあるため、経験がない人でも転職できる可能性はあります。

ただし、とくに経験がなかったり浅かったりする場合には、年齢は若いほうが採用されやすいでしょう。

大手素材メーカーは給料や待遇もよいところが多く、中途採用の倍率も相当高いものになることがあります。

最近は海外展開を進める素材メーカーも増えているため、営業など、顧客とのやりとりを行う仕事に就く場合には、高い英語力があるとプラスに評価されるかもしれません。