商社マンに向いている人、適性

コミュニケーション力のある人

商社マンに最も求められることは、コミュニケーション力です。多くの人と関わって、お互いの利害を調整しながら取引を成功させるためには、相手のニーズをきちんと聞き出すことができたり、交渉力に長けていたりすることが大切になります。

また、いくら語学堪能でも、それを使って上手にコミュニケーションがとれなければビジネスは成功しません。普段からさまざまなタイプの人と関わっていたり、人をまとめる立場に立った経験のある人は、商社マンに向いていると言えるでしょう。

好奇心旺盛な人

商社が手がける仕事範囲は幅広いだけに、さまざまな分野に興味を持っていることが大事です。プライベートでも面白いことが好き、新しいもの好きといった人も多いです。

一つのことだけに集中する人よりも、世の中の動きやものに広く興味を持てる人のほうが商社マンには向いています。

また、「こんなことを成し遂げてみたい!」という、高い志や情熱を持てる人も歓迎されます。なぜなら、その想いが「どんなに難しい仕事も成功させよう」という大きな原動力になるからです。

タフな心と体を持っている人

商社マンは日本全国、そして海外を飛び回ることもあります。時には残業続きで帰りが遅くなることもあります。このような仕事をする商社マンは、心身共にタフでなければやっていけません。

ビジネスの交渉は一筋縄ではいかないことも多く、精神的に打ちのめされそうになることもあるでしょう。しかし、どれだけ厳しい状況でも決して諦めず、次の手を考えてどんどん前向きに行動できるような人が求められます。