商社マンになるためにはどんな大学・学部に行けばいい? 理系でもなれる?

商社マンになるための学歴

商社マンになるためには、いずれかの商社において総合職として採用されることが必要です。

総合職にエントリーするには、大卒以上の学歴であることが一般的な条件となっていますので、商社マンを目指すなら、大学進学はほぼ必須といえます。

さらに、業界全体として商社は人気の就職先であり、例年数多くの学生が志望しますので、できる限り高学歴であるほうが有利なのは間違いありません。

もちろん学歴がすべてというわけではありませんが、企業側としても、志望者全員を面接するには人的・時間的な余力が足りませんので、書類選考で学生の数を絞り込むのは仕方のないことといえます。

書類選考を突破して、面接で学歴以外の部分をアピールするためには、結局のところ学歴が必要になります。

とくに、総合商社を志望するなら、高校生のうちから熱心に勉強に励み、できる限りレベルの高い大学に進むことが望ましいでしょう。

商社マンになるための大学

商社マンになりやすい大学はある?

絶対というわけではありませんが、過去の採用実績などから、「商社マンになりやすい大学」というものも確かに存在しています。

その要因はさまざまで、一概にはいえませんが、採用実績の豊富な大学ほど、OB・OGが多く、縦のつながりが強いため、情報が手に入りやすかったり、面接対策などを立てやすいということが挙げられます。

また、採用する社員側にしても、自分と同じ大学の出身者が社内に多ければ多いほど、仕事がやりやすくなりますので、ほかの学生より自分の大学の学生を優先するのは、ある意味自然なことといえます。

それらの結果、各企業には個別の「学閥」が形成されており、企業によって採用学生の大学に偏りが生じています。

商社への採用実績が多い大学

特定の企業に限定せず、商社業界への就職者が多い大学を順にみると、慶応大学、早稲田大学、東京大学、一橋大学と、日本を代表する名門大学が名を連ねます。

しかし、必ずしも偏差値と連動しているわけではなく、そこまで難関とはいえない大学、あるいはスポーツに力を入れている大学からも、1年で100名を超える数の学生が商社に就職しています。

さらに、留学経験があると、商社の採用面接時に高評価を得やすいため、そこまで世間的な知名度はなくとも、留学制度が充実している大学は、商社の採用実績が豊富です。

企業ごとに個別にみれば、さらに各社による傾向の違いが顕著になりますので、どこか志望する企業があれば、過去の採用データを調べてみるのもよいでしょう。

あるいは、志望大学または在籍大学の就職実績をみて、太いパイプのありそうな商社にアプローチしてみるという方法も考えられるでしょう。

商社マンになるには

商社マンになるための学部

商社マンになるにあたって、学部や学科が重視されることはほとんどありません。

とくに採用人数の多い大手商社では、多様な人材を確保するため、文系・理系問わず、幅広く採用が実施されます。

ただ、商社の仕事は、経営や金融、経済などと密接に関わっていますので、どこの商社でも、経済学部・法学部・商学部などの出身者が多いようです。

上述の大学のケースと同じように、自分と同じ学部や学科、あるいはゼミなどに、商社マンとして働くOB・OGが多ければ多いほど、情報を得やすく、採用活動を有利に進めることができます。

そういう意味では、文系学部より理系学部のほうが、また同じ文系でも、文学部などの商社と関係ない学部よりは経済学部などのほうが、商社マンになりやすいといえるでしょう。

絶対というわけではありませんが、商社マンへの志望が明確に固まっているなら、経済・法・商いずれかの学部を選択することがおすすめです。