商社マンの給料・年収

給料・年収

商社マンの給料は、他の業界に働く人と比べると高額と言えるでしょう。特に三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅など大手総合商社の大半は平均年収が1000万円を超えており、若くして高い収入を得ることも可能となっています。

20代で年収500万円~800万円程度、30代のうちに1000万円を超えるといった人が多いようです。もちろん時代によって多少の額の変動はありますが、大手商社に勤めた場合、それなりに安定した生活が望めると言えるでしょう。

専門商社は数が非常に多く、企業の規模もまちまちなため一概には言えませんが、大手総合商社の子会社や関連会社は、それなりに待遇が良いケースが多いようです。

大手に勤める商社マンの推定生涯年収は4億円~5億円以上とも言われます。大手商社が就職先として人気が非常に高いのは、給与や待遇が恵まれているといった面も大きいようです。

残業代も多く含まれる

ただし、商社マンの給料が高いのは、普段から残業が多いため、そこに残業代がたくさん含まれているからということもあります。実際、忙しい部署に勤める人のほうが、早い段階で年収1000万円を超えているようです。

また、海外赴任になると別途手当がもらえたり、基本給自体が上がるということもあるようです。同じ商社に勤めるといっても、所属部署や勤務内容によって、給料は若干の変動がありそうです。

仕事体験談