食品スーパー社員のつらいこと・大変なこと・苦労

食品スーパー社員のつらいこと・大変なこと

長時間勤務が当たり前

食品スーパー社員の最大の苦労は何といっても労働時間が長いことでしょう。

最近では早朝から深夜に至るまで開店している店舗も増えてきており、なかには24時間営業の店舗もあるほどです。

社員は責任者として、開店前から閉店後まで店舗にいることが多いため、慢性的な長時間労働や不規則な生活に心身の不調を訴える人も多いです。

給料が低め

食品スーパー社員の給料はごく一般的な水準であるといえます。

しかし長時間労働や体力が必要である労働内容からすると、金額に物足りなさを感じている人も少なくありません。

時間外の勤務もいわゆる「サービス残業」として手当がつかず、この業界全体の課題として度々問題視されています。

各社とも長時間労働をしなくて済むように指導をしてはいるものの、食品を安く提供するためにはどうしても人件費を抑える必要があり、給料は低めに抑えられているのが現状です。

金銭を扱う苦労

食品スーパーの社員は店舗の売り上げを確認し、一時的に管理する立場にあります。

金銭の扱いは食品スーパー社員の業務の中でも神経を使うものの一つです。

また売上に誤差があった場合は、レジの記録や防犯カメラなどから異常な点はないかを確認しなくてはなりません。

食品スーパー社員の悩み

体力が必要な仕事

食品スーパー社員の職業病ともいえるのが腰痛です。

品出しの際に重い荷物を扱うため、そこで腰を痛めてしまい、慢性化した腰痛を抱えて勤務することに大きな苦労を感じている人が非常に多くいます。

また店舗勤務はデスクワークが少なく、ほぼ立ちっぱなしであるため、予想以上の肉体労働のつらさに悩む人も多いです。

クレーム対応

食品スーパーのみならず、接客業における責任者の業務の中でも客からのクレーム対応は頭を悩ませるもののひとつです。

パートやアルバイトのミスに頭を下げるのは日常茶飯事ですし、ときには理不尽なクレームをしてくる客も珍しくありません。

社員は店の責任者として頭を下げる場面も多く、精神的に大きな苦痛を強いられることになり、慣れるまでは心身共に疲弊するという人も非常に多いです。

食品スーパー社員を辞める理由で多いものは?

食品スーパー社員を辞める理由としては、職場環境を挙げる人が多いです。

なかでも時間外に勤務するのが当たり前という状況に心身ともに疲弊している社員が多く、退職の道を選ぶ人は後を絶ちません。

長時間勤務を理由に離職していく社員を減らすことは、各社共通の課題であるといえるでしょう。

また、人手不足で仕事が多く忙しすぎるなど待遇の悪さ、客層が悪くクレームや店内の雰囲気が良くないなど心身の疲弊の理由から仕事を辞める人もいます。

食品スーパーで働くパートは女性が多く、そこでのコミュニケーションや人間関係に頭を悩ませる社員は非常に多いです。

さらに地域によっては客層に違いがあるため、どうしても赴任先の土地に馴染めないという人も少なくありません。

食品スーパー社員の「つらいこと」の口コミ投稿

  • つらいこと
    つらいこと

    スーパーの店長 ケンタロウさん

    33歳 男性 経験6年 福岡県

    退職済み(正社員)


    休みが不規則なのと大晦日、正月も早々に働かないといけないので、友達と遊んだりすることは難しくなります。

    また大雪の日でも台風の日でもお店に行かないといけない覚悟も必要です。

    時間も早朝からだったり、深夜までだっりします。

    仕事の密度はそんなにないので、体は疲れませんが、長時間拘束されることは覚悟しましょう。コロナ禍でもみんな頑張って毎日出勤してました。