女性の食品スーパー社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の食品スーパー社員の現状

食品スーパーは、業界全体として女性の活躍を推進しているといえます。

正社員登用される女性の人数も増加傾向にある上、結婚や出産等で離職の道を選択することがないように産休・育休制度を整備している会社も増えてきています。

求人情報を女子高、短大、女子大に重点的に出し、女性だけを対象とした見学会や説明会を実施する会社も出てきているほどです。

また店長をはじめとした管理職への女性登用も珍しくなくなってきています。

女性の食品スーパー社員の強み・弱み

今でこそ、女性の社会進出がすすみ、男性と肩を並べて活躍する女性社員に大きな期待を寄せる会社が増えてきましたが、これは、ほんの数十年ほど前までは信じられないことでした。

そのような時代においても、食品スーパーは化粧品会社やデパートと並んで女性型企業といわれ、その名の通り、女性の活躍の機会が多い業界であり、女性が働きやすいような基盤や制度もしっかりとしています。

とくに食品スーパーは女性の利用率が高いため、同じ目線から店舗展開や商品展開を考えられる女性社員は非常に重宝されるでしょう。

食品スーパー社員の結婚後の働き方・雇用形態

食品スーパー社員は、結婚後も働き続ける人も多くいますし、女性が多いことから周囲の理解も得られやすく、産休や育休を取得しながら長く働く人も少なくありません。

ただし、食品スーパーは休みが不規則のため、家族と休日が合わなかったり、給料が低いために共働きが避けられなかったりなどの悩みを持つ人も多いです。

食品スーパー社員は子育てしながら働ける?

食品スーパーの多くは、女性に長く働いてもらおうと産休や育休をはじめとしたさまざまな制度を整えています。

たとえば業界大手のセブン&アイグループ本社では「ママ's コミュニティ」と呼ばれる取り組みが成果を挙げています。

これは妊娠中や育児中の女性社員を対象としてランチミーティングで育休明け社員などから悩みを聞き取る機会を設け、より女性の働きやすい環境を作るための取り組みです。

また、育児や介護などの事情を抱えながら働く女性社員を部下に持った時、いかに仕事を調整し、最大限の効果を発揮できるかを考える管理職向けのセミナーも実施しています。

近年ではこうした事例を踏まえ、各企業が独自の対策をしており、育児をしながら働くことはさほど難しくはないでしょう。

食品スーパー社員は女性が一生働ける仕事?

食品スーパーは、女性の活躍が目立ち一生働くことも可能な仕事です。

また、結婚や出産を機に仕事を辞めたとしても、育児に余裕が出た際にパートタイマーとして社会復帰する女性が多い業界であり、パートやアルバイトからの社員登用に積極的な企業も非常に多いです。

ほかの業界と比べると女性の活躍が目立ち、さらにロールモデルも多いことから、長く働きたい人にとっては環境が整っているといえるでしょう。