食品スーパー社員の志望動機、面接

経験がある場合は即戦力をアピール

なんといっても接客経験のある人に関しては面接官も即戦力になることを期待します。

とくに食品スーパーでの就業経験がある人は面接で大いにアピールするといいでしょう。学生時代のアルバイトでも問題ありません。

食品スーパーでなくても接客に携わった経験のある人は十分なアピールポイントになります。

さらに店長等の責任ある立場についていた人材であれば採用側からすると喉から手が出るほど欲しいといっても過言ではありません。

いずれにしても就業時のエピソードを交えながらオリジナリティ溢れる志望動機を構築しましょう。

情熱を伝えられるように

学歴不問、経験不問と採用時の条件があまり厳しくないのがこの業界の特徴です。その分、仕事に対するやる気や情熱がどれほどのものなのかということが重視されます。

未経験の人は自身の情熱を明確に文章化して効果的に伝えられるように準備しておきましょう。

話し方や声の大きさ、礼儀正しさといった所作の一つひとつからも気持ちは滲み出るものです。

業界研究は必須

同業種内で複数社の面接を受けることはよくあることです。各社の特色、強みなどをまとめておき、面接先に合った内容で話を進められるようにしましょう。

どの会社でも使えるような表面的な内容しか話せないと研究不足、情熱不足であるととられかねません。

実際に店舗に足を運んで感じたことなども織り交ぜられるとベターです。

将来を見据えたビジョンを

食品スーパー社員は主任や店長といった責任ある立場をゆくゆくは必ず任されることになります。その資質を採用面接の際にできることなら見せたいものです。

過去に務めたリーダー的役割があれば大きなアピールポイントになります。

実際に主任や店長になったと仮定して、どのような信念を持って店舗を経営していきたいのか、またどうすれば会社全体をもっと良くすることができるのかといった前向きな展望を描いておき、面接時に話せるようにしておくと面接官の印象に残りやすくなるでしょう。