【2022年版】食品スーパー社員の年収・給料はどれくらい? 初任給やボーナス、統計データも解説

食品スーパー社員の平均年収・給料の統計データ

食品スーパー社員の平均年収は400万円から500万円前後といわれています。

ただし大手の有名スーパーの場合、800万円にも上る人もいる一方で、地方の小規模なスーパーだと400万円程度にとどまるなど、業界内でも差があるため、平均値だけでライフプランを立てるのは難しいでしょう。

食品スーパー社員の平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

食品スーパー店員の平均年収_2021

厚生労働省の令和3年度賃金構造基本統計調査によると、食品スーパー社員の平均年収は、42.1歳で355万円ほどとなっています。

・平均年齢:42.1歳
・勤続年数:11年
・労働時間/月:164時間/月
・超過労働:8時間/月
・月額給与:258,800円
・年間賞与:442,000円
・平均年収:3,547,600円

出典:厚生労働省「令和3年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

食品スーパー社員の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

年収約400万円と仮定すると、ボーナスを加味しない場合、月の総支給額は約33万円、実際の手取りは26~27万円ほどとなるでしょう。

ボーナスを2ヶ月分と考えると、月の総支給額は約28万円、手取りは22~23万円、ボーナスは約60万円となります。

日本人の平均年収が420万円と言われていることから考えると、ごく平均的な収入といえます。

食品スーパー社員の初任給はどれくらい?

食品スーパー社員の初任給は約18~20万円です。

ただし、学歴不問、やる気と情熱重視の食品スーパー業界ですが給与面では学歴が合った方が有利になり、高卒と大卒とでは月収で3~5万円の差がつくことを理解しておきましょう。

イオングループの場合、初任給は以下の通りです。

  • 短大・専門・高専卒で月給 182,000~192,000円
  • 大学卒で月給 209,000~219,000円
  • 大学院修了で月給 221,000~231,000円

またセブン&アイグループのイトーヨーカドーでの初任給は以下の通りです。

  • 短大・専門卒が月給192,000円
  • 大学卒が月給217,000円(関東エリア社員月給206,500円)
  • 大学院卒が月給234,900円(関東エリア社員220,900円)

食品スーパー店員の勤務先の規模別の年収(令和3年度)

食品スーパー店員の年収は、勤務先の規模によってあまり変化がありません。

10〜99人規模の事業所に勤める食品スーパー店員の平均年収は338万円、100〜999人規模は352万円、1,000人以上規模は363万円、10人以上規模平均は355万円となっています。

食品スーパー店員の年収(規模別)_r3

上記グラフの基タイトルは「販売店員」で百貨店店員、ショップ店員、アパレル店員、ドラッグストア店員、ペットショップ店員、コンビニ店長、書店員など他職業を含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

食品スーパー店員の勤務先の年齢別の年収(令和3年度)

食品スーパー店員の年収は、年齢が上がってもあまり変わらない傾向にあります。最も年収が高い世代は、40~44歳の401万円です。

全年代の平均年収は355万円となっています。

食品スーパー店員の年収(年齢別)_r3

上記グラフの基タイトルは「販売店員」で百貨店店員、ショップ店員、アパレル店員、ドラッグストア店員、ペットショップ店員、コンビニ店長、書店員など他職業を含むデータです。

食品スーパー社員の福利厚生の特徴は?

一般的な年次有給休暇などが得られるほか、近年では年末年始休や夏休みの代わりに、1週間程度の連続休暇を取得できる企業が増えてきています。

また、大手企業ではスーパーを地方にも展開しており、勤務する社員のために住宅や寮を構えているところも多くあります。

食品スーパーならではの福利厚生として、自社の商品を割安で買える「社割」が利用できる企業も多くあります。

食品スーパー社員の給料・年収の特徴

ここまででは食品スーパー社員は収入面では比較的高水準のように思われますが、実際働いている人の満足度としてはあまり高くないのが正直なところです。

長時間勤務、肉体労働といった激務に収入が見合っていないと感じる人が多いのが現状です。

かつては時間外労働はあたりまえ、しかも各人の自主的なものとみなされ、手当が支払われず問題になるケースもありました。

最近ではそのような悪しき慣習が大幅に見直され、極力時間外労働はしないように指導している会社がほとんどです。

もちろん、働いた分だけ賃金も加算されます。

それでも身体的な疲労を強く感じている社員達からすると、その苦労がもう少し収入に反映されてもいいのではと感じるのは自然な感情でしょう。

食品スーパー社員が所属する代表的な企業の年収

会社名 平均年収 平均年齢
イオン(株) 829万円 49.9歳
(株)セブン&アイ・ホールディングス 742万円 43.9歳
ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(株) 700万円 46.6歳

出典:2022年現在(各社有価証券報告書より)

イオングループの平均年収

イオングループの平均年収は829万円です。
小売・流通・外食業界の中で最大手で、総合スーパーを全国に展開しています。
残業代が1分単位で計算されるなど、法令順守意識が高い企業です。

セブンアンドアイHDの平均年収

セブンアンドアイHDの平均年収は742万円です。

国内2位の流通グループで、セブンイレブンをはじめとしたコンビニを核に、総合スーパー、百貨店等を展開しています。

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスの平均年収

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスの平均年収は700万円です。

イオン系で、首都圏で展開する食品スーパー最大手です。

傘下にマルエツ、カスミ、マックスバリュ関東などさまざまなスーパーマーケットを抱えています。

食品スーパー社員が収入を上げるためには?

この業界の特徴としては勤続年数に応じた収入の伸び率が良いということが挙げられます。

その理由は役職手当が充実しているためです。

食品スーパーの社員は入社と同時に店長候補になることが一般的で、店長になるまでの間も主任やチーフなどの責任ある立場に立たされることになります。

その手当が加算されることにより、収入がアップしていくのです。

なかには、新入社員と入社5年目の社員との間に、年収で100万円ほどの差がある会社も珍しくありません。

大体入社から3~5年で主任・チーフ、8~10年で副店長、10~15年で店長といったペースでキャリアアップしていくようです。