食品スーパー社員に向いている人・適性

食品スーパーに向いている性格・適性

人と接することが好きな人

日々多くの人々が訪れる食品スーパーでは、お客さまと従業員の良好なコミュニケーションが求められます。

したがって人と接することに楽しみを見出せることは、食品スーパー社員として大切な適性であるといえるでしょう。

お客さまが「また来たい」「接客がいい」と思えるようなあたたかい接客ができる人材は、どこのスーパーでも重宝されます。

流行に敏感な人

流通業界全般において、世の中のトレンドを掴む力は必要不可欠です。

食品スーパー社員ももちろん例外ではありません。

たとえばテレビや雑誌に取り上げられた商品や、SNSで話題となった商品は即日売上が見込めるため、大規模に展開するなど工夫をします。

売り場のレイアウトや発注次第で大幅な売り上げアップが繋がるため、流行に敏感な人は売り場の大きな戦力として期待されるでしょう。

面倒見の良い人

食品スーパー社員の主要な業務として、アルバイトやパートの管理や指導があります。

人を育てるという教育的立場であるため、指導力や面倒見の良さが求められるといえるでしょう。

部活動等で後輩の指導をした経験がある人、リーダーとしてグループをまとめた経験がある人は、大いにそれを生かすことができる仕事です。

客観的に物事を考えられる人

食品スーパーは多くのお客さまが買い物をすることで成り立っています。

買う人の立場に立って店舗を見ることができなければ、売り上げにつながりません。

常に客観的に売り場を見ることができる能力が社員には必須で、子どもから高齢者まで、さまざまな視点で冷静に物事を見つめられる人は重宝されるでしょう。

笑顔を絶やさない人

接客業全般にいえることですが、店の顔として常に笑顔でいることは必要不可欠です。

たとえプライベートでつらいことがあったとしても、仕事に持ち込むことなく常に笑顔で売り場に立てる精神的な強さのある人は、食品スーパーの社員として適性があるといえるでしょう。

食品スーパーで働くには(大学学部・学歴)

食品スーパーに向いていないのはどんな人?

向上心のない人

食品スーパーは同一エリアに競合店が複数あるのが一般的です。

他店と差をつけるためにも、独自のアイデアを出して個性的な企画を行い、お客さまの関心をひくことが大切になってきます。

そのために必要なのが向上心やチャレンジ精神です。

失敗を恐れずに新しい企画を打ち出し、実行していく実行力のある人でなくては、店舗を引っ張っていくことはできないでしょう。

一人作業が苦手な人

スーパーの仕事は、レジ打ちや品出しなど、一人で黙々と行う作業も多いです。

もちろんスタッフ間やお客さまとのコミュニケーションはありますが、一度ひとり立ちすれば自ら考えて仕事を見つけ、仕事をこなしていく必要があります。

集中力のない人や、一人での作業が苦手な人は、スーパーの仕事はつらいと感じてしまうこともあるかもしれません。