食品スーパー社員の勤務・労働時間・休日・残業

ハードスケジュール必至

食品スーパーの業務は忙しいものです。

日々のシフトに始まり、一日のタイムスケジュールに至るまで非常にハードなものになってきます。

店舗の責任者ともなると開店から閉店までの勤務になることも珍しくありません。

土日もスーパーは開いているので、カレンダー通りの休日はもちろんとれないと思っておいた方がいいでしょう。

シフト制

シフト制で出勤することになるため、決まった曜日が休日になりづらい傾向にあります。

場合によっては連勤になることもあり、代休をとるのがだいぶ先になってしまうこともあるようです。

また店舗でトラブルが発生した場合は休日返上で急遽出勤になることもあります。

基本的には週5日勤務としているところが一般的ですがなかなかそうもいかないのが現状です。

長時間勤務

会社によって異なりますが、8時間労働で帰宅できる日はあまりないのが現状です。

毎日2時間程度は残業することになることは覚悟しておきましょう。

かつては残業代がつかず、多くの社員が悩まされていた時代もあったようですが現在ではだいぶ改善されてきています。

出勤も定刻より2時間程度早くしている社員が多いです。

これは仕事の効率化を考えた上での自主的な判断とみなされ、賃金に反映されないこともあります。

また最近では24時間営業の食品スーパーも増えてきています。

このような会社では社員の健康維持のために店舗に配置する社員を増やすことで負担を軽減させる対応をしています。

役職手当はつくものの

食品スーパーの社員として店舗で勤務する場合、店長手当、主任手当といったような役職手当が給与に上乗せされます。

役職手当は責任ある立場に立って勤務する上で良いモチベーションにつながることは言うまでもありません。

ところが、その責任感から前掲のような時間外勤務をタイムカードに打刻することなく行う社員がこの業界には相当数います。

これで心身を病んでは元も子もありません。会社側もこの現状を重く受け止め、より良い労働環境を整備すべく尽力しています。

本社は安定した勤務体制

不規則な長時間勤務に悩まされるのは現場に立つ社員たちです。本社勤務の社員は比較的カレンダー通りに働くことができると考えていいでしょう。

ただし土日祝日、盆暮れ正月も現場は動いています。

現場の比ではありませんが場合によっては休日出勤する必要も出てきます。