食品スーパーの現状と将来性

食品スーパーの現状

地域住民の生活を支える

食品スーパーは、近隣で生活する人たちにとってなくてはならないものです。

食品スーパーは、その規模に関わらず、出店の際には同一エリア内の競合店の動向を探るなどの綿密な市場調査が行われます。

したがって、一度開店までこぎつけた食品スーパーにおいて客足が途絶えることはそれほどありません。

その意味では、食品スーパーをはじめとする小売業界は比較的安定しているといえます。

市場規模は大きい

食品スーパーは、ほぼすべての消費者の食生活を支えているといっても過言ではありません。

したがってその市場規模は他の業界と比較になりません。

従事する労働者数も多いため、採用時のハードルも低めであるといえるでしょう。

食品スーパーの需要

近年不景気が続く中で、巣ごもり消費やいわゆる「中食」が主流となり、食品・生活必需品を扱う食品スーパーは売上が増加しています。

近年はネットスーパーを利用する人も増えつつありますが、食品の安心安全や品質へのこだわりなどから、実際に足を運んで食品を手に取りたいというニーズは非常に強いものです。

今後も食品スーパーがなくなることはまず考えられず、売上も安定しているといってよいでしょう。

ただし、今後はますます深刻化する少子高齢化の影響で長期的なスパンで考えると市場は縮小していくことが予想されるため、各社は創意工夫をして固定客を取り込めるようにしています。

食品スーパーの将来性

現在の食品スーパー業界を語る上で避けて通れないのが「プライベートブランド商品」の目覚ましい成長です。

プライベートブランド商品とは、各食品スーパーが独自に開発、販売しているアイテムのことです。

卸業者を通さないため安価で販売できることから、消費者にも高い人気があります。

プライベートブランド商品の市場は、業界最大手であるイオンと二番手のセブン&アイ・HDが半分以上を独占している状態で、逆に言えばこの2社の強みはプライベートブランドにあると考えていいでしょう。

今後、食品スーパー業界で躍進するためにはプライベートブランドの開発や展開が必須ともいえ、地方スーパーなどでもプライベートブランド商品の開発に力をいれはじめています。

食品スーパー社員の今後の活躍の場

インターネットの普及は、食品スーパー業界にも大きな影響を与えています。

自宅にいながら気軽に買い物ができるネットスーパーは、主婦が仕事を持つことが珍しくない現代社会においてなくてはならないものとなっています。

高齢者へのスマホの普及などにともない、ネットスーパーの利用者は、今後ますます増えていくと考えられます。

またamazonや楽天といった実店舗を持たない販売店や、農家漁師から商品を直接購入できるインターネット販売の台頭も無視できません。

今後の食品スーパーはネットスーパーの整備はもちろんのこと、利便性を追求した新たなサービスやビジネススタイルを模索していく必要があるといえるでしょう。