食品スーパー社員に必要な資格、スキル

普通自動車免許は取得しておこう

食品スーパー社員の求人を見てみると特別な資格を持っていることを採用の条件としている会社は見受けられません。

必要な資格は就職後に取得していくことになると考えていいでしょう。

ただ唯一、普通自動車免許の所持を義務付けている会社は散見されます。AT限定でも問題ありません。

店舗間の行き来など意外と自動車移動の機会が多い立場であるため、入職前に取得しておくことをおすすめします。

販売士は取得しておくと良い

食品スーパーに限らず、販売職への就職を希望している人は、日本商工会議所が主催する販売士資格を取得しておくとよいでしょう。

販売士の資格試験は難易度が低めなわりに、就職活動の際にアピールポイントになることから受験生の半数が学生であるという特徴があります。

また、会社によっては、内定後、入社までの間、あるいは入社後1年以内に販売士3級の合格を義務付けているところもあるほどです。

また店舗管理にかかわる全般的な知識が問われる1級はおいおい店長を任される際に取得することになります。

新卒であれば3級、転職者の場合は2級の取得を目指すとよいでしょう。

コミュニケーション能力は必須

食品スーパー社員は接客が主要な業務となります。それと同時に従業員を束ねる教育的な立場でもあります。

いずれにしても良好な対人関係を築くことが必要になってきます。つまり、高いコミュニケーション能力が求められるというわけです。

挨拶をはじめ、周囲と円滑な人間関係を構築できる会話力や明るさは食品スーパー社員たるもの兼ね備えておきたいところです。

体力勝負であることに留意しておこう

食品スーパー社員は体力がないと務まりません。店舗に配属された場合は立ち仕事が主であり、重い荷物を運ぶことは日常茶飯事です。

本社配属の場合でも店舗や開店予定地、取引先など外回りが多い部署も多数あります。体力に自信があるくらいでちょうどいいといっても過言ではないでしょう。