食品スーパー社員のやりがい・楽しさ・魅力

食品スーパー社員のやりがい・楽しさ

店舗の売り上げアップに貢献

食品スーパーでは、商品の配置や発注のさじ加減一つで売り上げが大きく変わることも珍しくありません。

現場では、店を動かす店長、副店長をはじめ各部門の主任などの手腕が問われ、社員それぞれのアイデアや意見が店舗の売り上げ向上に直結していくのです。

これは社員にとって大きなやりがいになっています。

ほかの業種と比べると食品スーパーの仕事は社員に任される裁量が大きいため、やる気次第では自由な発想で売り上げに貢献していくこともできるでしょう。

お客さまのとのふれあい

人々の生活に直結する食品スーパーは、固定客も多くなかには毎日訪れるという客も少なくありません。

店舗に配置されている社員を顔なじみの店員として感じる客も多く、なかには会話を交わすほどになることもあります。

お客さまから褒められたり感謝されたりする機会も多く、こうしたお客さまとの触れ合いは日々忙しく働く食品スーパー社員の大きなやりがいになっているのです。

キャリアアップの道が開ける

現場での経験を十分に積み、実績を残すと、副店長や店長、そしてスーパーバイザーバイヤーなどの本社勤務への道が拓けてきます。

複数店舗で一斉に行う催事を企画、立案し実施することは大きなやりがいのある仕事です。

さらに、それが成功を収め、会社の利益につながった時の達成感は大きなものとなるでしょう。

食品スーパー社員の仕事内容・企業の種類

食品スーパー社員の魅力

スキルアップを感じやすい

レジ打ちや生鮮品の加工、総菜の調理など、食品スーパー社員の業務はルーティンが中心です。

こうした仕事は経験を積めば積むほど上達し、効率よくこなせるようになっていくものばかりです。

日々の努力が形として見えることは、この職業の大きな魅力であるといえるでしょう。

現場のリーダーとして働く

食品スーパーはアルバイトやパートが多く、社員はこうした人たちをリーダーとして導き指導する立場にあります。

指導者は自身が一定水準以上の仕事ができるのはもちろんのこと、それを的確に指導する話術やコミュニケーション力が必須です。

ときには相手に意図が上手く伝わらず悩むこともある一方で、自分が指導したパートやアルバイト、あるいは後輩社員が成長するのは自身の指導の賜物であることは間違いありません。

人を育てる立場であることに誇りを感じ、モチベーションを高めている社員も多くいます。

食品スーパーならではの特典

食品スーパーには、日々新商品が入荷します。

また、発売前の商品をお試しできたり、企業や卸業者からサンプル品を頂けたりすることも多くあり、流行のものが好き、また食品が好きという人には大きな魅力でしょう。

さらに、企業によっては自社で販売している商品を社割で数パーセント安く購入できるところも多いです。

こうした食品スーパーならではの特典に魅力を感じる人も多いようです。

食品スーパー社員の「やりがい」の口コミ投稿

  • やりがい
    4.00
    やりがい
    4.00

    スーパーの店長 ケンタロウさん

    33歳 男性 経験6年 福岡県

    退職済み(正社員)


    やはりBtoCの仕事なので、売れたことがダイレクトにわかるのが喜びになります。

    自分で仕入れて自分で陳列した商品が売れることはやはりとても嬉しいものがあります。

    その商品の良さポップなどでをいかに伝える創意工夫をして、メーカーさんが商品にかけた情熱をお客様にどれだけお伝えできるかが商品が売れるためには大切なことです。