食品スーパー社員のやりがい、魅力

店舗の売り上げアップに貢献

商品の配置や発注のさじ加減一つで売り上げが大きく変わる食品スーパーでは、現場を動かす店長、副店長を始め各部門の主任などの手腕が問われます。

社員それぞれの采配が店舗の売り上げ向上に直結するというわけです。

これは社員にとって大きなやりがいになっているといえます。

客とのふれあいが励みに

人々の生活に直結する食品スーパーには毎日訪れるという客も少なくありません。

店舗に配置されている社員を顔なじみの店員として感じる客も多く、中には会話を交わすほどになることもあります。

日々忙しく働く食品スーパー社員の心の癒しになっているといっても過言ではありません。

目に見えて感じられるスキルアップ

レジ打ちや生鮮品の加工、総菜の調理など食品スーパー社員の業務はルーティンが中心です。

やればやるほどに上達し、効率よくこなせるようになっていくものばかりです。

日々の努力が形として見えることはこの職業の大きな魅力であるといえるでしょう。

全店舗を司る本社勤務

現場での経験を十分に積み、実績を残すと本社勤務への道が拓けてきます。

複数店舗で一斉に行う催事を企画、立案し実施することは大きなやりがいのある仕事です。

さらに、それが成功を収め、会社の利益につながった時の達成感は大きなものとなるでしょう。

人を育てる喜び

食品スーパーの社員は多くのパートやアルバイトを指導する立場にあります。

指導者は自身が一定水準以上の仕事ができるのはもちろんのこと、それを的確に指導する話術やコミュニケーション力が必須です。

時には相手に意図が上手く伝わらず悩むこともあるでしょう。

その一方で自分が指導したパートやアルバイト、あるいは後輩社員が成長するのは自身の指導の賜物であることは間違いありません。

人を育てる立場であることに誇りを感じ、モチベーションを高めている社員も多くいます。