食品スーパー社員になるには

高卒者も多数活躍

食品スーパー社員を目指すにあたり、学歴が障害になることはほぼないと考えていいでしょう。

大学進学者が増加する中、高卒者の就職活動は年々困難を極めています。そんな中でも食品スーパーに関しては比較的高卒者の採用枠が多いといえます。

ただし、やはり大卒者に比べて出世のスピードが遅かったり、機会にめぐまれづらかったりということが多いのも正直なところです。

初任給にも3万円程度の差があることも珍しくありません。そのあたりは心得ておいて下さい。

転職者にも門戸が広い

食品スーパーの求人を見ると未経験者歓迎である会社がほとんどであることに気付くでしょう。

前職がまったく関連のないものであっても十分に活躍できる業界であると考えて問題ありません。

もちろん、経験者が即戦力として期待されるのは当然のことです。この経験には学生時代のアルバイト経験も含まれます。

採用試験で競合した場合に経験者が優遇されることはもちろんあることですが、未経験者の情熱ややる気を買ってくれる会社も多いため、大きく不利になるともいえないのがこの業界の魅力でもあります。

中には意欲重視の採用を行うと明言している会社もあるほどです。

また飲食店等で食材の加工経験のある人はかなりの割合で優遇されます。

アルバイトから正社員登用も

食品スーパーの社員にはアルバイトから登用された人が多くいます。

食品スーパーへの就職を希望している人はアルバイトとして入職するのも一つの手です。

前述のように学生時代のアルバイト経験が大きなアピールポイントになるだけではなく、そのままスカウトされて社員になるというケースも少なくありません。

この業界においてはアルバイトでの勤務経験はメリットが多いといえるでしょう。

普通自動車免許は取得しておこう

AT限定でもよいので普通自動車免許を就職前に取得しておくことをおすすめします。

意外と車を運転する機会が多いため、採用の際の条件にしている会社も多くあります。

ゆくゆくはスーパーバイザーとして店舗間を行き来する立場になる可能性が高いというのも理由の一つでしょう。

年齢制限がある場合も

食品スーパーにかぎったことではありませんが若年層のキャリア形成のため、年齢制限をかけている会社もあります。

制限のある場合は30~35歳を上限としているところが多いようです。ただし経験者の場合はこの限りではありません。

入職後のフォロー体制は充実

未経験歓迎、意欲重視の業界であるため必要な知識や技術に関しては入職後に手厚く指導されます。

必要な資格等も働きながら取得を目指すことになるため、入職前はそれほど準備しておくことはないといえるでしょう。