食品スーパーで働くには(大学学部・学歴)

食品スーパー社員になるまでの道のり

未経験者も歓迎

食品スーパー社員になるためには、食品スーパーを経営している企業の採用試験に合格する必要があります。

食品スーパーは、経験よりもやる気や情熱に重きを置いて採用面接を実施している会社が大多数を占めるため、門戸が広いという特徴があります。

アルバイトから正社員登用も

食品スーパーの社員には、アルバイトやパートから登用された人が多くいます。

食品スーパーへの就職を希望している人は、まずアルバイトとして入職するのも一つの手です。

学生時代のアルバイト経験が大きなアピールポイントになるだけではなく、そのままスカウトされて社員になるというケースも少なくありません。

この業界においてはアルバイトでの勤務経験はメリットが多いといえるでしょう。

中途採用も多い

食品スーパーの求人を見ると、未経験者歓迎である会社がほとんどで前職がまったく関連のないものであっても十分に活躍できる業界であると考えて問題ありません。

もちろん、経験者が即戦力として期待されるのは当然で、これには学生時代のアルバイト経験も含まれます。

採用試験で競合した場合に経験者が優遇されることはもちろんあることですが、未経験者の情熱ややる気を買ってくれる会社も多いため、大きく不利になるともいえないのがこの業界の魅力でもあります。

なかには意欲重視の採用を行うと明言している会社もあるほどです。

また、飲食店等で食材の加工経験のある人は優遇されるでしょう。

ただし、食品スーパーにかぎったことではありませんが若年層のキャリア形成のため、年齢制限をかけている会社もあります。

30~35歳を上限としているところが多いようですが、経験者の場合はこの限りではありません。

食品スーパーの求人の状況

大手食品スーパーでは、毎年定期的に新卒採用を行っていますし、中途採用も積極的に行われています。

食品スーパーは非常にハードルの低い業界で、なかには新卒者と一括して採用する会社もあります。

企業のHPやハローワーク、求人サイトなどにも広く情報が掲載されており、求人を探す上でさほど困ることはないでしょう。

食品スーパーで働くための学部・学歴

食品スーパー社員を志すにあたり、学歴を気にする必要はほとんどありません。

高卒以上であれば、ほとんどの求人にエントリーすることができるでしょう。

大学進学率の上昇から昨今、高卒者の就職は狭き門となっていますが、この業界に関しては比較的結果を出しやすいといえます。

ただし、やはり大卒者と比べると初任給が低いこともあります。

出世のスピードや将来的に就ける役職などの面でハンデがある可能性が高いことも覚悟しておきましょう。

食品スーパー社員になるのに有利な資格はある?

食品スーパーに勤める上で特別に必要な資格はありません。

ただし、AT限定でもよいので普通自動車免許を就職前に取得しておくと、現場で役に立つでしょう。

社員になれば店舗間を車で移動したり本部へ出勤したりする機会も多いため、採用の際の条件にしている会社も多くあります。

食品スーパー社員に必要な資格やスキルはある?

食品スーパー社員に向いている人

食品スーパー社員は、毎日たくさんのお客さまと接する仕事です。

子どもからお年寄りまで対応する世代も広いため、どのような人にも笑顔で、円滑なコミュニケーションがとれるタイプの人はこの仕事の適性があるといえるでしょう。

また、食品スーパーは人々の生活に密着した商品を扱います。

世の中のトレンドやニーズにも興味を持ち、ライフスタイルを豊かにするための仕事がしたいと考えられるような人にも向いています。

食品スーパー社員に向いている人・適性

食品スーパー社員のキャリアプラン・キャリアパス

食品スーパーはたいていの場合、未経験歓迎、意欲重視の業界であるため必要な知識や技術に関しては入職後に手厚く指導されます。

必要な資格等も働きながら取得を目指すことになるため、入職前はそれほど準備しておくことはないといえるでしょう。

食品スーパー社員は高卒から目指せる?

食品スーパー社員を目指すにあたり、学歴が障害になることはほぼないと考えていいでしょう。

大学進学者が増加する中、高卒者の就職活動は年々困難を極めています。

こうした状況でも、食品スーパーに関しては比較的高卒者の採用枠が多いといえます。

ただし初任給に数万円の差があったりキャリアアップのスピードが遅かったりなどの違いはあるため、あらかじめ覚悟しておくことが必要です。

食品スーパー社員を目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で食品スーパー社員を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、食品スーパー社員の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも食品スーパー社員が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。