繊維メーカーの仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介

繊維の開発・製造を行う

繊維メーカーとは、合成繊維(ナイロン、ポリエステル、アクリルなど)や天然繊維といった各種繊維の開発・製造を行い、世の中に提供する企業のことをいいます。

繊維業界は、「衣食住」の一つである衣料を製造するのに必要となる素材を供給する産業として、古くから成長してきた分野です。

繊維業界に属する企業としては、「総合系」「合成繊維系」「天然繊維系」「加工品系」などいくつかの種類に分けられます。

長年、繊維開発で培ってきた技術力や研究力を生かし、同時に樹脂、フィルム・シート、ケミカル製品などの領域にまで手を広げて事業を展開する企業も少なくありません。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

高機能な繊維に注目が集まる

近年、繊維のなかでも注目を集めているのが「高機能繊維」や「炭素繊維」といわれるものです。

高機能繊維としては、「アラミド繊維」「高機能ポリエチレン」「高機能ポリエステル繊維」「PEN繊維」などが挙げられ、自動車などのシート、タイヤ補強材、ブレーキ用摩擦材、消防服などに利用されています。

また、炭素繊維は航空機や自動車の構造材および内装材、風力発電の風車、建築補強材料といった産業用途によく使われています。

今、衣料品の落ち込みなどによって国内の繊維業界自体は縮小傾向にあるなか、こうした高い技術を用いた新しい繊維に関わる事業を主軸とする繊維メーカーが増えています。

繊維メーカーで働く人

繊維メーカーでは、技術系として生産管理、研究(基礎、応用)、開発、プラントエンジニア・生産設備設計、生産技術品質保証品質管理、事務系として営業(商品企画マーケティング)、人事、経理・財務など、さまざまな職種の人たちが活躍しています。

繊維メーカーの仕事は、一人だけで完結するわけではありません。

企業によって組織の規模は異なりますが、それぞれの業務のプロフェッショナルたちが連携し、お客さまや社会に求められるものを届けています。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

繊維メーカー社員の職種

繊維メーカーでは、じつに多種多様な職種の人たちが活躍しています。

企業によって職種名などに若干の違いはありますが、繊維メーカーでの仕事内容は大きく「技術系」と「事務系」に分けられます。

ここでは、それぞれについて紹介していきます。

技術系の職種

研究

新しい素材を生み出すための基礎研究や、応用研究に携わります。

お客さまの多様なオーダーに応える研究開発を行いながら、まだ世にない素材を生み出していきます。

開発

お客さまの要望を拾い上げた営業などからの依頼を受け、製品の試作と開発を行います。

また、研究開発した製品を、実際に販売する商品にするための生産化技術を検討します。

生産

製品を生産するために用いる設備の設計や保全などに携わります。

より効率的な生産と安全性を確保したうえで、図面を作成し、工事・機器の発注、工事の工程管理、現場監督などを行います。

品質管理

品質の目標を定めたうえで、製品がその目標をクリアしているかどうか測定、評価します。

また、品質基準を守れるような取り組みを考えます。

事務系の職種

営業

新規のお客さまの獲得や、既存のお客さまとは引き続き関係を築いていけるように動きます。

海外の顧客を対象とすることもあります。

繊維といっても種類はさまざまであり、用途もアパレルで使用される糸や人工皮革、建築業界で利用されている住宅用の断熱材、自動車の内装など、多岐にわたります。

営業は、お客さまのニーズや課題をヒアリングしたうえで、それに応えるものを提案します。

専門的な内容となることも多いため、研究部門や開発部門との連携が欠かせません。

管理

経理・財務、人事、総務法務といった職種で、企業経営を裏方として支えていきます。

また、従業員が働きやすい環境づくりにも取り組みます。