女性の繊維メーカー社員

総合職として活躍する女性も増えている

今、どの業界の企業でも女性社員の活躍が目立つようになっていますが、近年は繊維メーカーでも女性社員の割合が高まってきているといわれます。

とくに大手企業では、女性を積極的に採用するための取り組みを行い、女性採用数が年々増えているといったところもあるようです。

一昔前は、女性社員というと第一線で活躍する男性社員のサポート的な立場で働く人も多かったですが、最近は文系・理系問わず「総合職」という形で採用され、幅広い職務をバリバリとこなしている女性社員がたくさんいます。

もちろん、研究職、エンジニア職といった技術系の仕事に就くことも可能です。

さらにキャリアを積んで、管理職としてたくさんの部下を束ねたり、事業部の責任者として重要な役目を担っている女性も増えています。

近年の繊維メーカーは海外市場を舞台に戦うべくグローバル展開している企業も多く、この先は男性と同様、海外で活躍する女性社員もさらに増えていくものと考えられます。

女性にとって働きやすい職場づくり

女性社員の数が増えるにしたがって、彼女たちが安心して、イキイキと仕事を長く続けられるための職場環境づくりに取り組む企業が増えています。

たとえば、結婚・出産後も仕事を辞めずにいてほしいという考えから、育児中の勤務時間短縮制度や在宅勤務制度、また子どもが急な病気の時にも休みやすい体制を整えるといったことがあります。

親などの介護をしなくてはならなくなった場合に備えての休暇制度も、社員の働きやすさを考えた代表的な制度の一つです。

また、もし一度職場を離れなくてはならなくなった場合にも、職場復帰しやすいよう、会社がサポートしてくれるといったこともあります。

女性のキャリアを応援するための制度は、各社でさまざまなものが用意されているため、会社案内やWebサイトなどで確認してみるとよいでしょう。