繊維メーカー社員として働くには(大学・学歴・学部など)

繊維メーカーの社員採用試験を受験

繊維メーカーの社員として働くには、各社が実施する採用試験を受験する必要があります。

大手繊維メーカーの大半は新卒採用を毎年行っており、まとまった人数を一度に採用するケースが一般的です。

また、そこでは「総合職」としての採用が基本となっており、採用後に本人の適性や希望などを踏まえて配属先が決定することが多くなっています。

新卒採用の場合、特別な資格やスキルなどが求められることはめったにありませんが、学歴としては「大卒以上」が求められることがほとんどです。

学部・学科について

繊維メーカーとして働くために、絶対にこの学部や学科を出ていなくてはならないということはありません。

繊維メーカーの仕事は、大きく分けると「技術系」と「事務系」の2種類がありますが、そのような区分もなく一括採用する企業もあれば、技術系と事務系で別の区分として採用活動を行っている企業もあります。

技術系に関しては、化学、電気・電子制御、機械といった理工系の学生を対象としたものとなりますが、それらの学部・学科以外でも応募が可能な場合もあります。

文系については、全学部・全学科を対象とする企業がほとんどです。

理系出身者であっても、理系的なものの考え方などを生かしながら営業やマーケティングの仕事で活躍している人は大勢います。

英語力は必要?

近年では、繊維メーカーもグローバル化を進める企業が増えているようです。

そうした企業では、英語は重要なコミュニケーションツールとなりますが、選考のうえで英語力が合否を大きく左右することはめったにないようです。

ただし、海外に拠点を置く企業もあり、入社後は海外赴任や出張、また日本でも海外とやりとりをするなどによって、英語力が必要になる場面も出てくる可能性はあります。

自らスキルアップに励むことは、よりよい仕事をするうえでもプラスになるでしょう。