繊維メーカー社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

繊維メーカーの勤務時間は企業によって多少違いがありますが、本社勤務の場合はだいたい9:00~18:00となっており、1日の実働は7.5時間から8時間程度です。

工場勤務の場合はもう少し朝が早めとなっており、8時頃の始業、17時頃に終業というケースが一般的となっているようです。

全国各地に事業所を置く繊維メーカーでは、勤務先となる事業所によって勤務時間が異なる場合があります。

また、部署によってはフレックスタイム制を導入している企業も増えているようです。

休日・休暇

繊維メーカーの休日は、土・日曜日が休みの「完全週休2日制」が基本となっています。ただし、月に何度か土曜日は出勤日にしている企業もあるようです。

このほか、祝日、年末年始も休みとなる企業が多いでしょう。

休暇としては、年次有給休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇などが代表的なものとなっています。

有給休暇については職場によってしっかりと取りやすいところとそうでないところがあるようですが、最近は大手を中心に、きちんと消化することを推奨している企業も増えています。

残業の状況

繊維メーカーでの残業状況は、配属された部署やその時の仕事の状況、顧客などによってだいぶ変わってくるといわれますが、総合職の人は比較的忙しく働いていることが多いようです。

部門によっては出張が多く、実質、移動などで時間外に動かなくてはならないこともあるようです。

顧客相手の仕事となるだけに、急なトラブルなどがあれば、休日出勤をして対応しなくてはならない可能性もゼロではありません。

他業種の企業と同様、繊維メーカーでも最近では残業削減の取り組みをする企業が増えていますが、なかには多くの社員がかなり長時間の残業をしているところもあるようです。

また、残業代がきちんと支払われているかどうかについては確認しておいたほうがよいでしょう。