自動車部品メーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

厳しい品質が求められる

製造業に分類される仕事はたくさんありますが、とくに高い安全性や快適性が求められる自動車に関わる部品製造の現場では、非常に厳しい品質が問われます。

たとえほんの小さな一つの不具合であっても徹底的に追求することが求められ、一刻も早く原因究明や対策について検討していかなくてはなりません。

業務がスムーズに進んでいるときはよいのですが、一度業務でトラブルが生じれば、なかなか帰宅できないといったことも出てきます。

自動車部品メーカーでは「ものづくり」の面白さが味わえる半面、相当厳しい品質管理の下に仕事を進め続けなくてはならないといった苦労を実感することになるでしょう。

時期によって忙しさに波が出ることも

自動車部品メーカーでは、どうしても季節や生産量の変動によって業務量に波が出やすくなります。

多くの製品を生産しなくてはならない時期になると残業が一気に増えたり、休日出勤したりして対応しなくてはならないこともあります。

皆、忙しくピリピリした中でも、確実に仕事を進めなくてはなりません。

一方、落ち着いている時期は定時で上がれるようなこともあります。

忙しさに波が出やすいことは、自動車部品メーカーで働くにあたって覚悟しておいたほうがよいでしょう。

グループ企業ならではの苦労も

国内の自動車部品メーカーは、トヨタやホンダといった大手自動車メーカーのグループ企業も多数存在しています。

そのような場合、収入や福利厚生などは安定傾向にありますが、親会社となる自動車メーカーの動きに合わせて仕事をしなくてはならず、迅速な対応を迫られる厳しさもつきまといます。

また、親会社の動向に仕事量が左右されたり、トラブルによって親会社の作業が止まってしまった場合には、自動車部品メーカーの仕事も止まってしまったりすることもあります。

そうした苦労やストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。

自動車部品メーカーで働くのが辛い場合は、転職を考えることも大切

仕事が忙しい、年功序列の社風が合わないなどの様々な理由から、自動車部品メーカーで、働くのが辛いと感じてしまうことが少なくありません。

自動車部品メーカーで働くのが辛くて、ストレスを抱えている場合は、他業界への転職を考えることも大切であり、実際に自動車メーカーや他業界に転職して、快適に働くことができている人はいます。

実際に転職を検討する際は、求人情報取扱件数が豊富な転職エージェントに相談するのもよいでしょう。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントによる丁寧なヒアリングで、転職するべきかどうか、自動車部品メーカーに向いているかのアドバイスもしてくれます。