自動車部品メーカー社員の仕事、業務内容

自動車の製造に必要な部品をつくる

日本のものづくりを代表する産業の一つである自動車業界。

そのなかで、自動車部品メーカーは自動車を製造する際に必要とされるさまざまな部品をつくり、供給する会社のことをいいます。

自動車は、1台あたり約2万から3万ほどの部品でできているといわれます。

そこでは、鉄鋼、ゴム、プラスチック、ガラス、電気、化学といったさまざまな種類の材料や技術が必要とされ、それらを専門的に製造するのが自動車部品メーカーとなります。

自動車の部品づくりには専門的な技術や設備が必要とされることから、ブレーキ、ランプ、ネジやボルトなど、部品ごとにたくさんの専門会社が存在しています。

自動車メーカーとの関係性

自動車業界は、大きく分ければ自動車メーカーと自動車部品メーカーの2種類の会社があります。

両社はまったく別で動いているわけではなく、仕事を「発注」するのが自動車メーカー、仕事を「受注」するのが自動車部品メーカーとなります。

自動車メーカーが決定した仕様や納期、コストなどに合わせて、自動車部品メーカーは製品をつくり出していきます。

なお、自動車部品メーカーはトヨタ系列、日産系列、ホンダ系列といったように、大手自動車メーカーの系列会社が多く存在しています。

基本的には系列での取引が中心となっていますが、最近では各自動車部品メーカーとも競争力を高めるため、新興国を中心とした海外展開を積極的に行い、グローバルな取引をする企業が増えています。

自動車部品メーカーで働く人たち

自動車部品メーカーでの仕事は、大きく分けると「エンジニア(技術系)」「生産部門」「営業部門」に分けることができます。

技術系の仕事としては、設計や実験などの開発、技術研究、品質保証、生産部門としては生産管理、製造、品質管理などが挙げられます。

そして、お客さまのニーズを把握し、社内とお客さまをつなぐ役目を果たすのが営業部門です。

このほか他業種の企業と同様に、会社の経営を支える人事、経理法務といった管理系の仕事に就く人たちもいます。

会社の規模によって各職種に就く人の数は異なりますが、自動車部品メーカーではさまざまなプロフェッショナルたちが力を合わせて働いています。

自動車部品メーカーの仕事に興味があるものの、自分の適性や、職種ごとの仕事内容を深く教えてもらいたい場合は、新卒向けサービス「キャリアチケット」の利用を検討してみてください。

自動車部品メーカーの面接対策や志望動機の添削なども無料で行ってくれるので、万全の状態で就職活動に臨むことができます。