商社マンのやりがい

大きなお金を動かせる

世の中にはさまざまな仕事がありますが、商社マンのように一度に数億、数百億といった莫大なお金を動かせる仕事は、そう多くありません。自分の手で人を動かし、そして大きなお金を動かす瞬間は非常に緊張するものの、成功すればこの上ない達成感があります。

ダイナミックに世の中を動かしている実感が味わえるのは、商社マンのやりがいといえるでしょう。

高い給料が得られる

商社マンは同年代の人と比べると、たいてい高い給料が得られます。大手総合商社勤務であれば、30歳くらいで年収1000万円を超える人もいます。

もちろんその分キツイと感じることも多いのですが、頑張った分は給料に反映されると思えばやりがいを感じられ、頑張ろうという気持ちになれます。また、給料が安定していることで生活にも余裕が生まれるでしょう。

自分の成長が感じられる

商社マンの仕事は、もともと用意されている仕事を決まった順番でこなすというよりも、新しいビジネスチャンスを見つけて、そこに価値を見出すべく試行錯誤することが中心になります。

仕事を必死でこなすうちに論理的に物事を考える力や交渉力などが身につき、短期間で成長が感じられると話す人が多いです。

また、商社の多くは、若手のうちから重要な案件に携わるチャンスを与えてくれます。たとえば、入社一年目から海外出張を経験できたり、成果を出せばさらに大きなプロジェクトを任されたりすることもあります。

頑張ってどんどん上に行きたい人、野心ある人にはとても魅力的な環境だといえるでしょう。

仕事体験談