商社の一般事務職の仕事

仕事内容は会社によって異なる

一般事務といえば、コピーをとったり資料を作ったり…といった、単純なデスクワークを思い浮かべる人が多いでしょう。実際、商社の一般事務職でもそのような仕事をする場合もありますが、内容は勤める会社によってだいぶ異なっています。

中には、1人の営業マンに1人もしくは複数の事務職の人が付いて、営業事務的な仕事をこなしている会社もあります。その場合は営業マンとほぼ同じような仕事に携わる機会が多くなるでしょう。

たとえば、外出している営業マンに変わっての取引先との電話対応、重要な提案書類作成、受発注管理などが業務の一部です。

しかし、来客対応のための準備を行ったり、スケジュール調整をしたりといった、秘書のような役割が求められる職場もあります。

商社の一般事務職になるには

商社の一般事務職は人気が高いため、特に大手総合商社へ就職するのは大変です。学歴は短大や大卒以上が求められることが多く、配属先は入社後に研修を経て決定する流れが一般的。正社員ではなく、派遣社員として働いている人も少なくありません。

ただし、一般事務職に求められるスキルはそれほど高くなく、まずはPCの基本操作ができればOKということが多いようです。英語力は仕事で生かせる機会もありますが、総合職ほど重視されないでしょう。

一般事務職の生活

商社の一般事務職は総合職と違い、基本的に海外赴任や転勤がありません。案件が重なると残業することもありますが、総合職のように深夜まで働くといったことはほとんどなく、プライベートを大事にしている人も多いようです。

仕事体験談