建設会社社員に必要な資格、スキル

新卒は資格やスキルが求められない

建設会社へ就職したいと考えたとき、多くの人がまず気になるのが「どのような資格やスキルが求められるのか」ということでしょう。

実際には、新卒採用の場合に、何か特別な資格やスキルが求められることはほとんどありません。

応募条件としての学歴は「大卒以上」となっていることが多く、学部・学科については、職種や募集区分に応じて指定されていることはよくありますが、それ以外の条件は基本的にありません。

入社後、配属先の実務を通じて経験を積み、スキルを身につけ、業務上必要な資格があれば取得を目指していくといった流れになるでしょう。

会社で研修が行われることもあります。

関連する資格・スキルについて

ただし、建設や土木の現場では専門性を要する仕事が多々あるため、いざ仕事をスタートしていくと特別なスキルを身につけていかなくてはならないといったことが発生します。

この業界の実務で必要とされる資格のうち、代表的なものとしては「技術士(建設部門)」や「一級土木施工管理技士」が挙げられます。

そのほか、「一級建築士」「一級建築施工管理技士」「一級管工事施工管理技士」「一級電気工事施工管理技士」も代表的なものとなっています。

建築士の仕事

また、事務職であれば「宅地建物取引士」「建設業経理士」「衛生管理者」などが関連してくるでしょう。

宅地建物取引主任者の仕事

なお、建設の仕事では危険を要する作業が多く、現場の職人として働く場合には、作業内容に応じた資格を取得しなくてはできないこともたくさんあります。

資格によっては、一定の教育や一定の技能講習を受けなくてはならないものもありますが、それらが必要な場合は会社が支援してくれることが多いでしょう。

転職時は資格で優遇されることも

資格が必須とはしていなくても、転職に関わる採用試験においては、経験者・有資格者については優遇している企業が多いようです。

ただし、どのような資格が優遇されるかは職種によっても変わってくるため、事前に各社のホームページの採用情報などから確認してみるとよいでしょう。