建設会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

建設会社の採用試験について

建設会社社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受験することが第一段階となります。

大手ゼネコンや準大手ゼネコンでは、大学や大学院の卒業・修了見込み者を対象とする「新卒採用」をだいたい毎年行っており、最大手クラスの企業では200名~300名程度の新入社員を一度に迎え入れている企業が多いようです。

一般的に、新卒採用試験での募集区分や職種は「土木」「建築」「設備」「事務」などのように分けられており、区分や職種によって募集対象となる学部・学科は異なります。

なお、基本的には公募となりますが、なかには指定校推薦制を取り入れている職種もあります。

また、職種に加え、コース別採用を実施している企業では、日本全国や海外を問わず転勤を前提とし、ジョブローテーションによって幅広い業務を経験する「総合職」と、職種に応じた専門性を高めていく「専任職」の2通りのコースで採用を行っていることが多くなっています。

学部・学科について

建設会社の各職種では、一般的に、以下の学部・学科が対象となっています。

・土木:土木系、土木環境系
・建築:建築系
・設備:建築系、機械系、電気・電子・情報系、化学系、物理系
・事務:文系全般

上記のように、建設会社では理工系の人を対象とする募集も積極的に行われており、学校で学んできた専門知識を生かすことができますが、もちろん現場で一から学び直すべきこともたくさんあります。

建設会社で学歴は重要?

建設会社のなかでも、大手のゼネコンは就職先として安定した人気があり、難関といわれる大学や大学院の学生が大勢集まってきます。

就職試験の倍率も厳しいものになりやすく、基本的に大卒以上の学歴は必須となっています。

ただし、さほど規模が大きくない下請けの建設会社では学歴があまり重視されていないところもあり、とくに現場で職人として働くのであれば、学歴はほとんど関係ないと考えておいてよいでしょう。