人材派遣会社社員のつらいこと、大変なこと、苦労

「人」を相手にする仕事の難しさ

人材派遣会社で働く一番の厳しさは、ビジネスとして扱うものがモノではなく「人」であることです。

そこでの仕事は、おもに派遣スタッフおよび派遣先企業とのやりとりが中心になりますが、ほぼ100%対人の仕事であるためマニュアル通りにいかない面も多々あり、どうしても人間関係のトラブルが起こりやすいのは事実です。

ときには派遣スタッフと派遣先企業の板挟み状態になり、かなりのストレスを感じることもあるかもしれません。

それでも、双方が納得いく形で進むように調整していくことが求められます。

こうした人間関係をうまく築き上げていく苦労が、人材派遣会社の仕事ではあるといえます。

長時間労働を迫られる職場も

人材派遣会社は一見、華やかそうで儲かっているように見られることがありますが、人材派遣業界には大手から中小企業までさまざまな会社があり、なかには非常に厳しい状態で経営を行っているところもあるようです。

人材派遣会社は、派遣先企業へ人を送り込むことで初めて利益を得ることができます。

それを実現するために期日までに適切な人材を用意する必要がありますが、なかなか良い人材が見つからない場合には、朝から晩まで登録スタッフに電話をかけるなど「人力」で何とかしなくてはなりません。

人材派遣会社の仕事はこうした地道なものも多くあり、なかには「根性で何とかする」といった古い体育会系の組織もあるようです。

とくに小さな規模の会社の場合、少ない人数で長時間残業や休日出勤をしながら何とか会社を回しているといったところもあるといわれるため、就職する前によく見極めたほうがよいでしょう。

クレームを受けることが多い

人材派遣会社の職種として代表的なものが営業やコーディネーターですが、どちらの仕事に就くにしても、クレームを受けることは避けられないと言っても過言ではないでしょう。

たとえば、もし自分が担当した派遣スタッフが派遣先企業で問題を起こせば、派遣先企業からすぐにクレームがきます。

一方、派遣スタッフからも「仕事がつまらない」「聞いていた内容と違う」といった話を受けることもしばしばあります。

人材派遣会社で働くうえでは、こうしたさまざまなクレームや予想外のトラブルにも適切に対処していかなくてはなりません。