人材派遣会社社員の仕事、業務内容

人と人をつなぐ仕事

人材派遣会社とは、派遣スタッフとして働きたい人に対して、派遣先となる企業での仕事をあっせんする会社です。

具体的には、派遣先となる企業が考える「こんなスキルを持つ人材に来てほしい」といったニーズをヒアリングしたうえで、登録している多数の派遣スタッフの中からそれに見合う人をピックアップし、派遣先企業へと送り込みます。

このマッチングはただ機械的に行うのではありません。

たとえば、派遣スタッフの仕事に対する希望を聞いたり、働くうえで必要な教育や研修をしたり、キャリア相談などにものったりしたうえで、その人がイキイキと働ける派遣先を紹介します。

人材派遣会社は、いわば派遣スタッフを求めている企業と派遣スタッフとして働きたい人の架け橋役。双方が満足でき、メリットのあるマッチングを行います。

派遣ビジネスのしくみ

人材派遣ビジネスを考える際には、大きく分けて「派遣会社」「派遣先企業」「派遣スタッフ」の3つの立場の関係で考えるとわかりやすくなります。

派遣スタッフとは派遣として働きたい人、そして派遣先企業は派遣スタッフを必要としている企業を示します。

派遣会社は日ごろから営業活動を行っており、派遣スタッフを必要とする企業(派遣先企業)の情報を複数持っています。

派遣で働きたいと考えている人は派遣会社に登録を行い、希望の仕事内容や職務経験、スキル、勤務条件などを派遣会社に伝えます。

そこで、派遣会社は派遣スタッフに見合う派遣先をマッチングします。

一般的に企業の社員として働く場合には、勤務先となる企業と労働者が直接雇用契約を結びますが、人材派遣の場合には、派遣会社と派遣スタッフが雇用契約を結ぶことになります。

そして、派遣スタッフの給料も派遣会社から支払われます。

基本的に、派遣スタッフと派遣会社との雇用関係はスタッフの就業先が決まった時点で成立し、登録するだけでは雇用関係は発生しません。

また、派遣期間が終われば雇用契約も終了します。

人材派遣が活用される場

かつての人材派遣というと、一般企業でデータ入力やファイリング、資料作成などを行うデスクワークの仕事が中心とされていました。

しかし、最近ではこうした事務職ばかりではなく、研究・開発といった専門職や、ITエンジニアといった技術職など、多岐にわたる職種で人材派遣が活用されています。

また、派遣スタッフが活躍できる業界も、IT、不動産、金融、医療、教育、貿易など、ありとあらゆる業界に広がっています。

派遣先企業は自社のニーズに合う質の高い人材を、派遣スタッフは自らの希望に見合う職場を、それぞれ求めており、この両者をどう上手に結び付けられるかが、人材派遣会社の腕の見せどころです。

派遣の待遇改善や雇用期間制限の見直しなども進み、最近ではあえて派遣で働くことを選ぶ人も増えているなか、派遣会社の果たすべき役目はさらに重要なものとなっています。